株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)


急落ヘッジの簡単な方法・動画・口座紹介(ここ)

「日銀への忖度か、相場への忖度か?」 相場のこころ 2021/5/01 記事No.9700

2022-05-01-Sun  21:30:59

動画
https://youtu.be/rVUVDNZR9HE

「日銀への忖度か、相場への忖度か?」
1987年のブラックマンデーを経て、いよいよ市場が活性化していった大元、
ブラックアンドショールズ式によるデリバティブ市場の整備、その貢献でもらった賞が
ノーベル経済学賞。 そして、その理論の威光で集めた巨大ファンドがLTCM
そして、そのLTCMが破綻したとき、経済学では儲からない、ということを市場は
理解しました。
情報で儲かるなら、新聞記者が一番の金持ちになるはずですし、経済学が正しければ
経済学者が儲かるはずです。
しかし、経済学者が、金持ちであった試しがありません。

それは経済学そのものが、金儲けには、正の相関関係を導かない、という何よりの印です。
それは、経済理論には、それぞれの欠点があり、市場との対話がなければ、それはいつも
市場に打ち負かされるのが、常です。
日本より相当賢い、FRBや欧州中央銀行は、これまで、夢の政策とされたMMTに
「考えて見れば、永久機関が存在するはずもなく、それがうまく行けば、働く必要もなかったか」
と気づき始めました。
しかし、当国日本は、日銀が中央銀行が、掟を破り、政府と蜜月になることをためらわず、
緩和緩和でなんとか、夢の世界が続くといまでもまだやっています。
喪黒総裁は、マンガでの話です。
実際に、そんな良い話なんて、あるわけないんですよね、いひひひひ、とマンガでのおちはきます。

しかし、経済学者が、また世論がほとんどそうわかっても、
いや、ただで金を生む錬金術は存在すると、MMT派の一部は、財政拡大、税金なくせの
合唱です。 金を刷ることが、石油を産出することと、違うことに気づかないのです。
経理屋は、バランスシートが大丈夫なら、いくらでも金を刷れるの一言で、
孤島の論理を続けます。
右と左に、100kgの重荷を置いても、シーソーは崩れませんが、
1トンと1トンをおけば、シーソー自体が壊れることを、考えません。
そこにMMTの恐さがあるのに、気にしません。

でも、です。これは、人気を取りたい、経理や、選挙のための話です。

そりゃ、財政拡大、給付金100万、消費税なしが、喜ばれるに決まっています。
ですから、人気なり、または、支持をしたいでしょう。
しかし、そのツケは、後にやって来る無限列車です。
それを、知っているのは、実は、日銀である、と思います。

知らない振りをしているだけです。
ただ一つ、すぐにインフレにならないので、円安が最高と思っているだけです。
でも、ヤバいことは知っているのです。
ですから、会見では、予想していた物価上昇率を1%から変えました、
なんと、予想は、1.9%です。

ここに、今2%と言えないことと、
実際に2%を超えたときに、政策の変更が出来るように準備しているわけです。
それでも、目一杯、円安にさせて、インフレなっても2%で止まる、と希望しています。
希望です。
それを、予測している、としています。
予測というか、そうなるんだと、頑なに信じているわけです。
心の底で、望んでいるだけなのに。

さて、この背景は、はやり2013年に始まったアベノミクスで、円安で成功した過去が
そう言わせています。 間違っていないよね、と言い聞かせているわけです。

政治に忖度してしまった、過去は変えられません。

”忘れてしまいたいことが、今の私に多すぎる“
そして
“素直な気持ちをあなたに、伝える術を知っていたなら”
と続いてきたわけです。

さて、柔軟に対処するとしてきた喪黒総裁は、意地と、理想の中で
自分の希望のみを市場に与えてくるのでしょう。
そろそろ、我々は、理論ではなく、相場を見つめて行かなければならないでしょう。
産油国が働かなくていいのは、石油が海外に売れるからです。 日本国債は海外に売れません。

動画
https://youtu.be/rVUVDNZR9HE
関連記事

株式情報 ←無料情報登録

お得な情報無料↓
日々速報ライン登録は →こちら←


コメント: 0

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

株ブログ 日経平均先物株ブログNYダウチャート

コメント

コメントの投稿

Secret

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆