株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:3ヶ月通学コースを90分で即聴セミナー(ここ)

視点回帰【1】 今後の展開を考える。。(株)東京総合研究所 記事No.9238

2019-11-07-Thu  01:00:12

何十年振りかに入院した。
食中毒で。

一時間ごとの採血、は辛い。
寝られないのは、NY時間は深夜なので、同じだが、連休まで、一時間ごとに起こされる、実験台。

普段からは、余り考えない視点で、いろいろと考えて見た。

最初は、慣れないので、(入院)それなりの、抵抗もあったが、(ベッドが小さいとか、起こされるとか、トイレの量を量れとか)、
次第にそれは反応しなくなった。
ここにあるものは、抵抗しても、何も変わらないからだ。

同時に見ていた相場も同じだった。

寄り付いて、終わり。
抵抗もしない。
いつからだろう。・・・

そこから、視点はずっと高く上がっていった。

いつからだろう。
抵抗しない相場。
抵抗しない正義。
抵抗しない政治。

だれも歩いてないかも知れない。

それはどういう時を表しているのだろうか?

これでいいんじゃない?って、感覚、時代。

NYダウ、ナスダック、SP500、史上最高値
自動的にドルが付いてきて、すべてがしきたりとおり。

NYダウが上がったら、ナスダックを買いなさい、その場合は、SP500も上がるので、買いなさい、ドルもついでにね。

という、図式は、経済理論でなく、慣習なのだ。
つまり、そういう慣習で相場が動いていて、実体がない。

なんで、高いのか??
高からだよ!!

これをバブルという。
理屈がなくなったときが、終点の時。

日本は、50年債を発行し、世界は永遠債などと、理屈はとうになくなっている。

そう、このまま、で、推移すれば、なにも問題はない。
だから、バブルも弾けなければ何も、問題はないのだ。

いま、世界の焦点の実は、この、弾けなければ問題ない、という部分にだけ存在している。
いいじゃん、戦争も起こらないし、取り立てもおこならない、破綻しても、ばれなければ破綻じゃないもの。
こう、来ているのだ。

ただ、この理屈なき天井の転換のシグナルは、情報だけではくみ取れない。
なぜなら、情報は

懸念、懸念後退、期待、期待後退 を繰り返すだけで
ニュースに意味がない。
抽象的過ぎるのだ。

ただ、一つ、この天井圏でいつもの、通りの人間を見せてくれるは、実は、チャートであったりする。

その前に何が起こるか、チャートから読み取ってみよう。
応援をお願い致します。↓

株式ランキング

stocksinfo_2019-11-7_0-19-34_No-00.jpg
一番先に来るのは、このナスダックの転換だ。


点滴が交換される度に、今は何かが、違っていると響いてくるようになった。
それは、視点だ。

それも目先のではなく、この数十年積み上げてきた視点だ。
視点回帰。
チューリップの球根で家が買えるはずもないし、ビットコインは5000万円にならない。
それもこれも、バブルが作り出す幻影に過ぎない。

それでもなぜ、バブルは繰り返されるのだろうか?

視点回帰。
投資という相手に対して見直してみるのはどうか。

受け入れることによって受け取れるものは多い。

例えば、
諦めない・・・・・
例えば、
嘆かない・・・・・

物語には、始まりと終わりがある。

負けるのも、負けはじめと終わりがあり、
常勝パターンも、勝ち終わりがやって来る。

全ては、循環。回帰なのだ。

次は天井形成の特徴について。。。つづく。
ポジションはランキングをごください。




関連記事

『LINE参加で情報無料』
相場・先物情報LINE無料版 登録


コメント: 0

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

株ブログ 株ブログ 東京総合研究所

コメント

コメントの投稿

Secret

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆