株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:3ヶ月通学コースを90分で即聴セミナー(ここ)

地に落ちた映画制作会社マーベルに見る、アメリカのシナシオ。・・・・相場を再度読む。 記事No.9165

2019-07-22-Mon  15:03:28

以前、このブログでも紹介したが、映画制作会社マーベルを本当に尊敬していたが、その最大作品となった
アベンジャース エンドゲームを見て、絶望した、お話しをした。

それ程までに素晴らしい作品でちりばめられていたこの会社の作品であったからこそ、滅茶苦茶な評価結果を嘆き、
初回4.6あった評価は、いくら、投稿数が600を越えて信頼度90%といえる状況であっても、やらせばかりだとして、
やがて3.8以下に落ちるとした。

結局いま、3.8に落ちついた。
それは、時間がたって、やらせが追いつかないからだ。
初回
Stocks_19-7-22_13-58-5_No-00.png

初回の時点の投稿数も信じるに足りた。
ただし、しかし、実際に見た内容はこの点数の遙か下であることは、見た観客は分かると同時に、前作までの期待が大きかったために、必ず否定圧力もかかってくるものと思っていたが

Stocks_19-7-22_13-56-21_No-00.png

徐々に、妥当値に近づき、そして今は

Stocks_19-7-22_13-54-11_No-00.png

となった。
これは映画の話ではなく、統計の話だ。
この最後の形が実際のレベルに近いとすれば、初めの5点と1点の分布はおかしいということになる。

よってオリンピックの採点方法は、最高点と最低点をぬいた配分で決まる。

これらの結果から、信じられるのは、点数4点と3点の比率であるこが分かる。
ちなみに、エンドゲームは最初と今と、最高点が30%減って、最低点が10倍増えた。
以下に初期値がウソであったかが分かる。

それ以来、映画会社、マーベルに失望した。なせ、あの素敵な質の良いシナリオがこうも変貌してしまったのか、
そのおとなの理由は分からない。

そこから数ヶ月して、リメイク版 スパイダーマン・ファーフロームホームが封切られた。
すでに、見る意欲もなく、コメントをみても、役に立たない。点数もだ。
点数自体は4.1と相当!に良い映画とでているが、これも信じられない。

それがこれだ。
Stocks_19-7-22_13-36-38_No-00.png

同じ良い点数なのに、エンドゲームと配分が全く違う。
4点台が2倍もある。

そう、思って実際みた結果はどうだったのだろう??

ここまでが、統計の話。
ここからは、アメリカの話。

再び、日本は、アメリカに勝てない、と思った。
この腐敗しきったシナリオの次の作品に、このレベルの、ものが用意されていること事態が脅威だが、

このシナリオで、物事を作られたら、日本は太刀打ちできない。

それは、いま描かれているシナリオが、架空に匹敵するかもしれない、という意味を持つ。
そのシナリオを気軽に読んではいけない、ということを、この映画からは感じられる。

それはまず、この映画を子供と見に行くと良い。
この点数配分は、本当に良い、映画だけに与えられる配分だからだ。

ともかく、目先のシナリオを信じてはいけない。

さて、ようやく日本の株式市場に目を移せば、今計れるのは、短期のトレンドだけである。

モンタナバンドでの上値抵抗ポイントは、21416円でこれを引けで越えなければ、反転波動に入らず、
これを越えていけば、反転の波動にはいる。
その時に、考えるのは、

スパイダーマンのように、決めつけレは行けない、ということ。
抵抗ポイントを獲ってくる、獲ってこないと、決めつけるのではなく、獲ってきたら、獲ってこなかったら、という現実の結果をまず見なくてはいけない。

獲ってきたらこうする、と決めるだけで、獲ってくるはずだ、先に決めては行けない、ということだ。

今日は、重要なポイントにいる。

日経平均先物 日足
東京総合研究所株式情報2019-7-22_14-54-28_No-00

これらのシステムを使った指示を欲しい方は、

LINE@billiontouch 登録

または、
メール登録にお進みください。
相場・先物情報Billiontouch メール版

なお、LINEをやったことのない方は、LINE自体をはじめる必要があります。
どちらにしてもLINEは便利です。
関連記事

『LINE参加で情報無料』
相場・先物情報LINE無料版 登録


コメント: 0

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ 日経平均先物 株ブログ

コメント

コメントの投稿

Secret

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆