株ブログ・25年間現役マネージャー

現代統計学を駆使したテクニカル分析の東京総合研究所代表大山の個人ブログからの提案

TOP >  株ブログ >  この10年間を振り返って、平成最後の年に。東京総合研究所株ブログ。なぜ、信じない?その2

この10年間を振り返って、平成最後の年に。東京総合研究所株ブログ。なぜ、信じない?その2

平成が始まった30年前までは、まっとうな話で経済の教科書は書かれていて
証券会社が行う、外務員試験でも

不動産は安定資産。
債券と株式は非連動。
よって資産は不動産、債券、株式に分かる、とうものであった。
さらに

ドルは、有事のドルと言われて、何かあると、円安になる、というものが論理であった。

しかし、この30年間で起こったことは、
有事の円高。
不動産の下落。
債券と不動産の連動。

そして、FP試験の教科者に書いる、インフレには、何をしたらいいか(答えはインフレ連動資産を買う)は
役に立たず、デフレには何をしたらいいかは、教科書にでてくることもなかった。

そういう時代に最後の10年は、つぎのことが起こった。
お金を借りれば儲かる(マイナス金利)

この結果何が起こったか→Bにつづく。

さて
平成が始まった30年前。
日本はバブルが崩壊していくことなるが、その前に、東京市場と米国株式市場に試練があった。

1987年のブラックマンデーである。
この時の下げは週足で

NYダウチャート 1987年 週足 モンタナバンド
stocksinfo_2018-12-31_14-22-49_No-00.jpg

週足でモンタナのシグマ-3をさらに下回り、2週間。

日足でもシグマ-3を割り込んだ
stocksinfo_2018-12-31_14-24-53_No-00.jpg

10/19 一日の下げ幅は508ドルに達した。
stocksinfo_2018-12-31_14-25-48_No-00.jpg

一年分の上げを一日で割り込んだ。
当然10/20、次の日の東京市場も、

日経平均 1987年 日足 
stocksinfo_2018-12-31_14-33-0_No-00.jpg

この時、日本では3837円安、市場では、一体、日経平均にストップ安ってあるのか?とはじめて議論された。

前日、私は、ちょうど日本にいて、海外の様子はラジオ短波でしか聴けない状態だった。

すでに個人的に個別に顧問をしていたので、朝、一斉に電話がかかってくることは必死。
何と言おうか分からないが、ともかく、その前日に、東京市場の急落は分かっていたこと。
なんといっても、
NYダウがくしゃみをすれば、日本が風邪を引く、という表現であったから。

問題は、次の日、東京市場が急落となったあとに、世界はどうなるか、であった。

それ以前に、もちろん、チューリップバブルの話は知っていたし、米国市場が、双子の赤字問題に苦しんでいたことも分かっていた。
ただ、この時、ラジオ短波のNY解説員が言った言葉だけが印象的で、それだけが救いだった。

「NY市場は、200ドル急落したあと、最後の30分だけでさらに100ドル下げました!」

「しかし、逆に債券は堅調です。債券に資金が帰っている限り、私は、そう心配ないと思います」

この最後の言葉だけが、印象的だ。

この時、世界は債券でできていることを知った。
債券だけが、未来の信用、約束だからだ。・・・
(下げは、結局、この一週間だけで、日本市場は、さらにバブル38000円向かっている最後上昇となる)

(よって暴落は買い、という格言はさらに支持を得た)

(もちろん、その後の本当の暴落は、この時から仕込まれていたことを私も知らない)


マイナス金利は何を生んだのか。
それはすべての理論を覆すものだった。

債券と株は連動する。
株が下がれば、債券は上がるではなくて、
株も債券も上がる。
株も債券も同時に下がる。

であった。
これは、この二つが、金利や業績を反映して動いているのではなく

マイナス金利の効果で動いているなによりの証拠なのだ。

ということは、終わるときは同じだ。
それはすでに、救いの箱を使い付くし、資金が、バランスシートの中に収まることがから
その外に出てしまうことと同じだ。
なぜなら、マイナス金利を使ってしまったからだ。

薬のように、マイナス金利、金利低下の、宝刀は使ったら辞められない。

日銀は30年前の理論も落ちだし、
資金を与えれば、なんでも助かる、という「強い思い」が、さらに大きな資金供給を
いきどころのない資金を生んで、価格上昇ではなく
価格差を作った結果となった。

大手企業は儲かり、景気は後退する。
それを6年間も改めなかった。
市場に合わせる、と言っていたが、自分の言ったことを曲げない姿勢は変わらない。

人間、偉い人ほど、間違ったと言わない。

そして、改革のないまま30年、最後の10年も過ぎた。

平成が終わる頃、平成に残してきたツケを、世界は払っていくことになる。
株価が業績だけで動かないことを、もう一度、学ふことになろう。

連載終わり。

本年一年間、ご愛読ありがとうございました。
来年もよろしく御願い申しあげます。

関連記事

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り)
みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

コメント






管理者にだけ表示を許可