株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

この10年間を振り返って、平成最後の年に。東京総合研究所株ブログ。なぜ、信じない?1 記事No.9018

2018-12-30-Sun  14:00:23

もし、投資をするなら、それは初心者でも、ベテランでも、この本は読んでいなければならない。
これは、この株ブログをはじめた2006年(Hatenaから)からずっと言ってきたことだ。

それはだれも信じないし、信じたくないが、時代を超えて、認めなければならない。
でも、少しの期間は、やっぱり、俺の方がうまい、とか、Aiが凌駕するとか、色々言われる時期もあるかもしれないが、
それでも、この本は読まなくてはならないし、認めなくてはならない。

熱心な読者はきっと読まれていることを期待している。



ようするに、どんなにうまく運用して、どんなポートフォリオの名手でも、インデックス投資の利回りは超えられないというものだ。

ならば、うまく行っている俺のやり方はどうか、どか、Aiはビックデータを理論で、などど怒られるかも知れない。
でも、これは30年も繰り返してきたことなのだ。

1989年、バブル後、数学界のノーベル賞である、フィールズ賞をとった、数学者、広中平祐先生を監修に、
日興證券は、ダビンチという、数学理論を用いた、頭の良いファンドを売り出した。
30年前でしょ。
日経平均が、39000円です。
どんなファンドも消えます。あえなくすぐに販売は終了した。

その後10数年経って、理論から、プログラムへ興味を示した、投資家と販売者は、相場を自動運用させる
カブロボコンテストをおこない、一貫したルールで、高パフォーマンスを生み出すプログラムに出資した。
ただ、一位のプログラムが翌年は散々になる傾向が続き、5年で打ち切りになった。

この時点で、過去は未来を保証せず、理論は「じゃんけん大会」に通用しないことが分かった。
このブログでも何度もこの話をして、その度にこの本を薦めた。

しかし、投資家はまだ分からない。
次は、ついに人工知能がでてきて、Ai投資に期待した。

それは人の噂も75日のように10年も経てば、同じ手口で騙される、ネットワークビジネスと同じ(最近では仮想通貨)だ。
それは、外見を変えているだけで、手口は同じ。
今回は、人工知能だ。

10年もこのブログを読んで頂いている投資家は、もう、酸いも甘いもかみ分けているので、またか、と思われたはず。
しかし、新人投資家が多い昨今は、

チューリップはオランダでその昔、一球根で3000万円もした、ことを話しても時代が違う、一蹴する。
yahooよりすぐれたIT企業など、想像もできなく、これを1億円で売買していた時代も見返さない。

現代は、ぶろっくちぇーん、だといって200万円で買いに行く。
2万円のものを。
これも球根と同じ。
すべてが繰り返しだ。

そして、人工知能はどうなったか、というと(年間成績)

1:AI日本株式オープン(絶対収益追求型) -9.12%
2:GSグローバル・ビッグデータ投資戦略(Hなし) -15.52%
3:Yjamプラス! -18.73%

日経平均は13%下落したので、それより悪い。

では他の投信は、というと(年間成績)

1:結2101 -7.88%
2:セゾン バンガード・グローバルバランスF -7.90%
3:セゾン資産形成の達人ファンド -11.78%
4:ありがとうファンド -16.75%
5:さわかみファンド -17.34%
6:コモンズ30 -17.70%
7:ユニオンファンド -19.38%
8:ひふみ投信 -21.42%

さらに悪い。
そう、インデックスより悪い。
考えて、ベテランが、プロが、Aiが、ビックデータが、計画してこうだ。

「市場平均リターンを超過することは、極度に効率化された現在の市場ではもはや不可能で、市場平均リターンを獲得する最も確実性の高い方法は、インデックスファンドを買うことだ。」


この話にまた勝てない。
また30年前の繰り返しだ。

では、10年間では、どうか。
日経平均は2009年9000円で始まり、2018年の終わり2万円で終了した。
この10年間に2.22倍になった。
インデックスを買っていれば何もしなくても、2.22倍になる。

さらに長期なれば投信はどうか。30年なら良い投資か?

30年前ナスダックが380ポイント。今6584ポイントだ。
単純で17倍。
投信のように配当をいれれば35倍だ。

投信でこれを上回るものはない。

投信を選ぶのなら、インデックスを選んだ方が率がいいのだ。

結局、この10年はどんなに考えても、インデックス投資かなわなかったことになる。
それは、なかには、日経平均を上回った投信もあったかもしれない。
しかし、それは、NYダウやナスダックのインデックス単純投資にかなわない。

さらに、この問題の次に、新たな問題が、次の10年にやって来る。

つづく・・・

応援クリックもよろしく お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ



関連記事

『LINE参加で情報無料』
相場・先物情報LINE無料版 登録


コメント: 0

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ 日経平均 株ブログ NYダウ ナスダック

コメント

コメントの投稿

Secret

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆