株ブログ・投資アドバイス|20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

代表 大山充についての取材記事

実配信の実績はこちら


実績表記に誤魔化しようのない、LINE上【リアルタイム(時間表記+さらに板情報画像付き)】で配信した全成績(当たっている一部ではない)を集計しています。LINE登録の方は、これで全てであると確認できます。ニセ投資比較サイトなどの下げ投稿に気を付けて下さい。(無料で配信した全ての結果がこれ↑です。)

株ブログの相場展望・2018-12-05 東京総合研究所 記事No.8974

2018-12-05-Wed  09:05:12

局所的に見ない。
大きな線は方向を示すものではなく、何かを内包しているとみるべき。

現代の市場は、専門家が簡単に述べられるほど簡単ではありません。
市場は、プロの逆をいく位賢くなっています。
やがて、なので、サルが勝つことがあり得てきます。

どんなに考えても、正当な答えを高い確率で導き出すことはできません。

人気ブログランキング
市場はそんな簡単ではないのです。

さて、日本市場は、昨日のモンタナバンド下値抵抗レンジの近くまできました。
通常上値抵抗ポイントで最終上値抵抗ポイント シグマ+2 まできた場合、次は、下のレンジを狙ってきます。
今回は、このブルーゾーンであることを昨日お話ししたところです。
東京総合研究所株式情報2018-12-4_15-9-16_No-00

ただ、これも局所的な部分です。

いま市場が考えているのは、米景気自体のことです。
これらが、何をタイミングとして、表にでてくるかはわかりませんが、
米景気がピークと打つなら、6ヶ月前に株価はピークアウトします。

もちろん、当局は否定します。
なにせ、日本は過去最高利益です。
表を裏は違います。

そこで、いま市場が見ているのが、イールドカーブです。

米国の長期債の利回りが逆転して、2007年7月以来=つまりリーマンショック前年まで
の水準になってきました。

行く先は、この金利では??と市場が見ている印で、目先当面は、経済が堅調とするFRBの見方と
市場の見方が分かれています。

サルがプロのファンドマネージャーに勝つのは、
市場は、専門家レベルでは解析できないことを示しています。

勝負はいつも50%です。

この東京総合研究所株ブログでは、それでも、極めて小さなおかしなところにも目を配りお伝えしています。

例えば、一昨日、NYダウが夜間で500ドル高、結局、やや失速して、280ドル高となりましたが、
日経平均先物はまったく、この動きに同調せず、同じレンジを支えられていました。
それは、歪んでくるという印です。

ともあれ、局所的な話は、話のネタ程度にしておくべきです。
しかし、始まりは、どこかででています。
あくまでも、この先は、週足での話です。

リーマンショックは表にでるまで、1年近くかかりました。
このブログは2007年から書いていますので、何が起きたか、時間のある方は当時の記事を読めばわかります。

表と裏の、裏の部分はいつも、映画世界のような話です。

応援クリックもよろしく お願いします。

株式ランキング

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

コメント

コメントの投稿

Secret

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。