株ブログ・25年間現役マネージャー

現代統計学を駆使したテクニカル分析の東京総合研究所代表大山の個人ブログからの提案

TOP >  負けない仕組み >  新連載 【負けない仕組み】1

新連載 【負けない仕組み】1

今回、この株ブログでは、夏休み特集として、【負けない仕組み】を連絡します。

今日は、その第一回目。

投資家からの質問でもっとも良くあるもののうちの一つに

なんであそこで利喰わなかったんですか? です。

それは、利益が100万円あったのに、利喰わなかったので、行って来いとなって利益が20万円になってしまった場合に良くでる質問です。

もちろん、過去の話の話であり、御法度なんですが、例えば、こう反論します。

「なぜ、100万円の利益の時に利喰わなかったのか?」
というのなら
「100万円で利喰おうと思うのなら、20万円で利喰ってもおかしくないのでは?」
です。

どうして、20万円で利喰わないで、利益が100万円まで行ったときに、なぜ20万円で利喰わなかったのか?
の質問はきません。

つまりは、もし、固定値、100万円で利益をだす、というシステムなら、そうかもしれませんが、それならそれで良いです。

では、なぜ、100万円なのでしょう?
80万円ではだめでしょうか?40万円ではだめでしょうか?

と考えたとき、この利益が100万円で利喰えるなら、それなりの理由が存在しなければなりません。

1:固定値で100万円になったら利喰う。
または
2:売り(決済)のサインがでたら、利喰う。

です。

さて、実際は、システムトレードはほとんど2で行います。
なぜなら、1は、利益を確定する代わりに、おおきな利益を取らないという宣言をしているようなものだからです。

2は、決済のサインを敏感にすればするほど回数は多くなっていきます。

負けない仕組みを作るためには、少ない回数で大きな値幅を重ねられる方法でなければなりません。

関連記事

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り)
みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

コメント






管理者にだけ表示を許可