株ブログ・25年間現役マネージャー

現代統計学を駆使したテクニカル分析の東京総合研究所代表大山の個人ブログからの提案

TOP >  株ブログ >  いまさらなんで、なんなんですが、すでにお伝えしてあります。

いまさらなんで、なんなんですが、すでにお伝えしてあります。

先週から、6/12の会談が終わったら、ヘッジ開始とお話ししてあります。

売りで短期で回すこともお話ししてあります。
そのコースも設定しました。

そろそろ目覚める時、万年買いでなく、時には、売り、時には先物でヘッジ。

stocks_2018-6-18_12-55-48_No-00.png

先物OPは今週、おおきな利食いに入ります。
これもお話ししました。

ただ、買いたい人は、欲望は満たせたでしょう。
買うな、ととめられた人は、イライラしたでしょうけど、すこし得した気分にいると思います。

このお話しをしています。
そもそも、システムでは、今回、日経平均先物のブルーゾーン抜けから、売りを入れると言っていたのですから。

東京総合研究所株式情報2018-6-18_12-59-50_No-00

さて、強調したいのは、この2007年以来、1億0800万円の利益をたたき出す、モンタナチャートでも、
その勝率は

58% にしか、過ぎない、ということです。

確実なものは、なく、すべては、可能性を計れるかどうかだけにかかっています。
その方法は、
高いところを買わない、安いところを売らないです。

次の下値抵抗ポイント到達までは見送ります。

相場に、理屈を求めてはいけません。

なぜ、あなたが、赤が、すきなのか、なぜ、バナナがすきないのか、
を説明するようなものだからです。

関連記事

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り)
みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

コメント






管理者にだけ表示を許可