株ブログ・25年間現役マネージャー

現代統計学を駆使したテクニカル分析の東京総合研究所代表大山の個人ブログからの提案

TOP >  株ブログ >  例えば、ポートフォリオの例

例えば、ポートフォリオの例

株式コースは、ハイテク、内需それぞれに分けます。

それは、循環で、銘柄が変わっていくからです。
利食い、乗り換え、利食いの繰り返しです。

以下は11月300万円コースの会員の一例です。

株式情報_2017-12-19_14-17-9_No-00

信用ですと100万円を使っているだけ。残りは新規用に温存。
100万円の投資元本に対して、11月からの利益は25万円です。

このように、随時銘柄を入れ替えて、株式コースが設定されます。

ビリオンタッチへの第一歩をこの時期にご決断ください。

株式コースお申し込みは
http://www.888.co.jp/stocks.html

今日は特別に有望銘柄プレゼントしましたが、
株式コース銘柄はここでは公開できませんので、上がったら公開します。

2000円台前半仕込完了。 これらなど動く前に買い、内需循環に備えました。
株式情報_2017-12-19_14-30-37_No-00

何歩も先を読む戦略でお答えいます。

お問い合わせは
http://www.888.co.jp/support.html ライブチャット または メールで。






関連記事

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り)
みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。