株ブログ・25年間現役マネージャー

現代統計学を駆使したテクニカル分析の東京総合研究所代表大山の個人ブログからの提案

TOP >  株ブログ >  過去最高は13連騰、NYダウはそれに臨むか?株ブログ・東京総合研究所株式情報

過去最高は13連騰、NYダウはそれに臨むか?株ブログ・東京総合研究所株式情報

まず、13連騰ってのが、NYダウにはある。

1987年ブラックマンデーの年。
だから、この時点でそのブラックな部分は作られるということ。
今回は、それにまた臨んでいる。

さらに希なことがある。
それは、月足ベースで、史上最高値圏でさらに、シグマ+2以上をとってしまったということ。

NYダウ 月足
東京総合研究所株式情報2017-2-27_16-50-2_No-00

これらは、100年の歴史の中でもほとんどない。
それは、高値を作るときには、週足では勢いがあっても、月足でシグマの外にでるまでの
過熱感は生まれないからだ。
今回は、史上最高値でかつ、シグマ2を月足で超えた。

さて、日足の連騰は、日本でも2015年に

日経平均 日足 連騰
東京総合研究所株式情報2017-2-27_16-53-40_No-00

30年振りの13連騰を記録した。

ある意味で、素晴らしい。
ある意味で、怖いのが、この連騰記録だ、ということをこころに刻みたい。


関連記事

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り)
みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。