東京総合研究所の株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

代表 大山充についての取材記事

実配信の実績はこちら


実績表記に誤魔化しようのない、LINE上【リアルタイム(時間表記+さらに板情報画像付き)】で配信した全成績(当たっている一部ではない)を集計しています。LINE登録の方は、これで全てであると確認できます。ニセ投資比較サイトなどの下げ投稿に気を付けて下さい。(無料で配信した全ての結果がこれ↑です。)

テクニカル分析が当たるわけ? まずは入門。株式相談の前に。 記事No.7955

2017-02-16-Thu  14:15:17

もし、あなたが、最初に株を買おうとして、本やさんに行って

勉強する方法を見つけたとしたら、それは勉強する方法を見つけたのであって儲ける方法ではない。

もし、その本に書かれていることが正しければ、その本とおりにやって儲かるとすれば

それは、市場が馬鹿だ、と言っていることと同じだ。
ここがミソ。

つまり、市場はすでに効率化されていて、そこからどんな勉強方法を持ってしても、儲けられないということだ。

これはこの本を読んで見れば分かる
株式情報チャート__2017-2-16_13-59-4_No-00

これ↓


これをよく読んで、勉強したくらいでは儲からないことを知る。

なぜなら、簡単に儲かるなら、だれも税理士の勉強なんかしないし、会社もやらない。

これを理解しないと進まない。

勉強しても、儲からないが、本当の勉強をすれば、儲からないことは分かる。
また実践すれば、その勉強でも儲からないことが分かる。

なぜなら、良い銘柄はすでに高いのだから。←なぜならみんな勉強して、買うから。
 

さて、言いたいのは、同じ意味で、テクニカル分析を勉強するときに考える必要がある。
何%当たるのか?

それが、勝率55%行けば、いいシステムと言える。

例えば、
東京総合研究所株式情報2017-2-16_13-10-59_No-00

このうちのシステムは2007年から4枚建てで値幅は214円
ドル円1単位当たりの値幅は9年間で50円ということ。
それが取れると証言できるかどうかは別にして、それでもこのシステムがたたき出す勝率は
53.25%にしか過ぎない。

今、買い転換で1枚であるが、113.41を割れると、これが解除される。

それを小さく積み上げる。
トレード回数は、決済を含めて415回。
これが多いと手数料で実際は儲からない、ということになる。
結果としていいシステムだと思うが、これで精一杯だと思う。

これ以上に複雑にしても、カオスに飲み込まれるし、これがテクニカル分析限界でもある。

最後にこの意味を込めて、投資家が考えなければならないことは一つ。

テクニカル分析がなぜ当たるのか、それをどの教科書にも書いていない、ということだ。

つまり、神様=テクニカル分析 
がいて、これを証明しない、ということだ。

テクニカル分析を単純に信じることは、それは宗教においてと、代替される。

当たる理由が書いてある、教科書を探せば、なんとかなるが、それはない。
当たる、としてる。

当たっても、55%は行かない。
それを当たる、と言ってもいいが。

真実はもっと奧に隠れている・・・・

つづく・・・・


人気ブログランキングへ








関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。