株ブログ・投資アドバイス|20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

今日は昼の接待で。何を聞き出すのか?欧州の作戦。東京総合研究所の投資相談 記事No.7925

2017-01-18-Wed  18:18:41

今日はやや乱れた市場でしたが、ポジションは抵抗ポイント通り。

さて、欧州からのお客さまの接待は、恵比寿で昼のお寿司でした。

株式情報チャート__2017-1-18_17-25-56_No-00

日本の魚は素晴らしいって頭を抱えていました。
なお、全部のコースはFaceBookに載せました。

東京総合研究所投資顧問 FaceBook

で、最後は、フルーツだ、ということで、千疋屋に
株式情報チャート__2017-1-18_17-24-4_No-00

たまには、食べ物に集中する時間も必要なのかと。

さて、相場の方でこういう質問が良く来ます。

なぜ、暴落の時、下がる銘柄を逃げないのか?

例えば、1000円の銘柄が800円になり、500円になったとします。
その時に、なぜ200円幅で損切りしないのか?
という意味です。

その答えはこうです。

800円の時点で、500円になることを市場が予測していたら、800円という株価はつかないで
売り気配のまま 500円になるはずです。

つまり、それは800円において、上がると思う買い方と、下がると思う買い方が
同数いた、ということです。

それで、それでも、確実に下がると思うのなら、なぜ、下がるのを我慢したのか、ということになりますが、
逆になぜ、そう判断できるのでしょう?

では、800円から、下がらずに、今度は止まって、1200円まで上昇したとします。

その時の利益損失は400円幅です。
500円なるものを持っていた利益損失は300円です。

で、どちらがあり得るのでしょうか?

というと、こうなります。
私なら見送る。

そうして、いつまでも、何もしません。
それは市場を見ているだけです。
見ているなら、映画の方がいいですね。

相場にタッチしない限り、儲けることはできません。

今回はまたOPのチャンスの高いボラティリティのチャンスが続いていきます。

リスクのないところにリターンはありません。

例えばです。

500円の株がありました。

499円と501円。 明日どちらの値段を付ける回数が多いでしょう?
1:1でしょうかね?

なら判断はできませんね。

490円と510円ではどちらの値段を付けるのが先でしょう?
1:1でしょうかね?

なら判断はできませんね。

では

495円と520円ではどちらの値段を付けるのが先でしょう?
495円ですかね?

なら520円を目指して、495円で損切るというむしのいい話はできませんね。

損切り幅<利益幅 なら、損切りのほうにタッチするのはこれでお分かりでしょうか?

5%のリスクで20%のリターンはあり得ない話です。

つぎはジャンケン大会の話です。

つづく・・・




関連記事

『LINE参加で情報無料』
相場・先物情報LINE無料版 登録


コメント: -

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆