株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)


急落ヘッジの簡単な方法・動画・口座紹介(ここ)

兜町は死んだのか?ブログ1400万人来訪記念連載1 記事No.7553

2016-04-12-Tue  19:24:23

先日、日曜日の夜、久しぶりに新宿を訪れた。
目的は、ジンギスカン、霧島の、これ。

株式情報_2016-4-12_18-43-28_No-00

この特上生ラム肉だけは忘れられない。
東京では、これ以上のコスパジンギスカンはない。
新宿の、この繁華街には、このためだけに来る。
もう一つあるとすると、混んでいない、並ばないですむ、「ラーメン次郎」だ。

それでも、前回訪れてから、一年以上は経っている。
その間に、いつも秘密で駐めている、安い駐車場の向かい側に、なんとバカでかいビルができたことか。

ゴジラが上から覗くそのビルは、HOTOシネマズだ。
それで、この新宿の中心がなお、賑わっていて、日曜日の夜なのに、なんと多種の人間が行き来きしていることよ。

外人はもちろん、中学生の団体までいる。
日曜日の夜の賑わいは、六本木、池袋、渋谷の比ではない。

ここにいると、日本は死んでいないと感じる。
いやこれからなのだと。

ここに来て、今回、久々であったこともあって、すっかりバカでかいこのビルに迷って、実は霧島の場所が分からなくなった。
電話して、場所をきいたのだが・・・

「今日、予約したものなのですが、今、かぶとちょうまで来ているのですが。あ、歌舞伎町・・・・・」

一瞬にして、過去が蘇った。
私にとって、日本の中心は、兜町だった。
そして、今それは、死語になっていて、残ったのは、歌舞伎町の方だったのだと知らされたのだ。

もう、聞くことも、話すこともない、この地名、単語。
用もないその場所。
そして、今、世界の誰も、ここを必要としなくなっている。

学生のころ、そこの証券金融に、株券をまとめて、融資を受けにいった。
高利回りなんて関係ない。
入れれば、それは、どんどん上がってく。
それを担保にもっと買えばいいだけだ。
信用は、昔から3倍であったが、証券金融に入れれば、7倍まで回る。
金利15%なんて低いものだ。気にならない。

そういう時代が、兜町の時代だ。
今、それは誰も知らない。
そんな地名も、そんな時代があったことも知らない。

そこから、当時、紙くずであった建設株は10倍になった。
そのワラントは、100倍になった。

そんな時代だった。
私の記憶の中にだけ残っている。

今、その近い発音の、地名、歌舞伎町が賑わっている。

兜町は、インターネットの中に入り込んで、今は、出来高もない。
ここ歌舞伎町は、相変わらず、賑わっている。

この政府では、このネットの中の、兜町も死ぬだろう。

絶望の時に思い出す相場格言は二つだった。

「相場は絶望の中で生まれ 懐疑とともに育ち 楽観のうちに終わる」



「兜町は明日もある」
だ。

死んだ子の歳を数えても仕方ない。
それでも、どこかで、何かは生まれている。
この歌舞伎町のように。

元気が出ない時は、ここに来れば良い。
日本は情けないが、死んでいない。
死んでないなら、今が買い場だと、その格言は提言している。

終わりの始まりでなく、
始まりの始まりなのだ。・・・・・・・・

つづく・・・


関連記事

株式情報 ←無料情報登録
LINE情報無料


コメント: -

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

株ブログ

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆