株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)


急落ヘッジの簡単な方法・動画・口座紹介(ここ)

暴落は10月に来ることが多い。ので今回は序章までか。 記事No.7534

2016-04-05-Tue  14:13:24

今年の最大の焦点は、リーマンンショックの亡霊はまだ生きているかどうか、で

それは、大金融緩和の終了を、米国は、各国のマイナス金利を伴ってまで成功させているが、
やはり世界は一つなので、救われるのが米国だけでは成り立たない。

ということは、マイナス金利がだめなら、マイナス金利がいらないくらい、米国の利上げが軌道に乗っていないと、

この、あり得ない、亡霊のような金利の影響が今だ知れない。
知れないからこそ市場は迷っているのだが。

前回もお話ししたように、

実質金利と、名目金利で、現在市場は、実質金利の差がないとして、ドルを買えない状態にある。
マイナス金利を名目名で行っても、インフレ率が低いため、金利が、米国より、

ついてしまっている、状態で、市場はこれを見ている。
当局は、それでなく、はやり、単純な名目金利差で、円安になるべきとしていて
これが、いま、当局の思惑と違う様相を呈していることになっている。

もっと柔らかくいうと、
物価が上がっていないので、円が買われる状態だ。

さて。それでも時間が経てば、なんとなるとして、3年が経過した。

外人は日本に増えた。
原油は安くなったので、問題ない。
本当は問題がない。

しかし、あるように見えて、引きづらているのだ。

もし、あるようなら、それは日本だけの問題でなく、船頭の米国の問題。

つまり、もし何かあれば、またリーマンンの亡霊がでてくる、ということになる。
その理由は、

米国が、大金融緩和を、軟着陸させるために、諸外国の犠牲が必要になっているということだ。

そのもっとも大きな責任を日本は背負わされた。円高という理由で。

ところで、インフレにするのが、目的で、世界全体が、マイナス金利になった場合、どうなるのだろうか?

まず、世界の銀行が一斉に収益悪化となる。
次に債券の安定性が失われる。
次に、自転車操業の、終止符を打てなくなる。

米国が引き上げに引き上げてきた、債務残高を、さらに引き上げらえることになり、
ふたたび、永遠に出口のないトンネルに入りこむことになる。

それで、マネーショートをご覧いただいただろうか。

大きな問題の前は、いたって堅調に推移し、市場は、そんな話を心配しながら、
相場が急変するのが常だ。

そして、その前は一様に、堅調であり、今のNY市場のニュースは、2008年と全く同じ解説がなされている。

「思ったより、堅調なので、期待が持てる」である。

さて、どうやってヘッジをするかは、今は昔より簡単だ。
しかし、同時にヘッジを外さないと、そこでロスカットを行ったことと同じになる。

短い下げに、どれくらい期間で、ヘッジ売り銘柄を入れていくか?

オープンポジション
KDDI(9433) 2921 1000株売り 292万1000円
大日本住友製薬(4506) 1291 2000株買い 258万円1000円

これらの株式だけで運用する場合に上記のような、ポジションを組むが、さらに混乱した場合には
ヘッジ追加する。

一方、OPの場合は、さらに単純だ。

前回公開ポジション
PUT-05-15000 205円 S10  → 270円 -65万
CALL-05-16750 220円 S10 → 140円 +80万

これらを続けるだけだ。
OPトライアルは

OPリベンジトライアルを簡単に解説


問題は、あくまで、10月の混乱に向けて、いま、準備をするということ。
それは、新しい相場の出発点にもなる。

関連記事

株式情報 ←無料情報登録
LINE情報無料


コメント: -

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

株ブログ

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆