株ブログ・25年間現役マネージャー

現代統計学を駆使したテクニカル分析の東京総合研究所代表大山の個人ブログからの提案

TOP >  それでも買いなのは、言うまでもないが。 >  公開秘密記事・それでも買いなのは言うまでもないが。4 今年後半戦への布石と現状分析

公開秘密記事・それでも買いなのは言うまでもないが。4 今年後半戦への布石と現状分析

株ブログ・日経平均・投資情報



では、世界の株価はどうなっているのだろうか?
株式情報_2014-5-18_18-34-45_No-00

2013年の初めを1としてみると、なんと、それでもだ。
日本は第二位となっている。
この2年間の日本への投資効率は悪くない。

アルゼンチンが圧倒的な129%となっているが、これはインフレのせいだ。
インフレ。

もっとも市場に影響を与えるのは、このインフレであり、これを目指しているのが、主要先進国の方策なのだ。

では、ワーストはどこか?

ワーストは

ロシア
ブラジル
中国
韓国
香港
韓国
シンガポール

とアジア全滅で、日本だけ、のぞかれている。
それは、こららの投資がアジア全体から、日本へ振り分けられたことを示している。

では、世界全体では、指数はどうなっているのだろう。

つづく・・・・・

つづきは、動画または、この後の5を待ってください。

動画会員へ。

今回は、5月発表の主要企業350社のうち62%が、
事前予想を上回りました。
その精査の中なら、後半中心となる銘柄を厳選してお送りします。

関連記事

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り)
みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。