東京総合研究所の株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら


実績表記に誤魔化しようのない、LINE上【リアルタイム(時間表記+さらに板情報画像付き)】で配信した全成績(当たっている一部ではない)を集計しています。LINE登録の方は、これで全てであると確認できます。ニセ投資比較サイトなどの下げ投稿に気を付けて下さい。(無料で配信した全ての結果がこれ↑です。)

ダイエットへの挑戦3:カーボンカウンティングの優位性 記事No.5516

2014-04-30-Wed  09:57:42

ダイエットへの挑戦1
ダイエットへの挑戦2

面白い話をひとつ。

みんな極論が好きだ、だから、炭水化物抜きの糖質制限ダイエットがいいとか言うけれど、
糖質がなければ、頭も動かない。
だから、糖質抜きなんて、極論を言ってはいけない。

要はバランス良くとることが一番

言いたいこと、お分かりだろうか???

極論とは、

バランス良く取ることが一番

とすることなのだ。

何が一番なのだろうか??

確かに、バランスを良くすることは大切だ。

例えば、今、相場で、モメンタム銘柄が売られている。
モメンタム銘柄とは、成長して、さらに成長する銘柄で、

高PERから、さらに高PERを狙う。
UPトレンドから、さらにUPトレンドを狙う。

この方法だ。
それで、いま、これらの銘柄が売られている。
ナスダック構成銘柄がそうだからだ。

そこで、ここでは、低PERの銘柄を、大型株を奨めている。
次は、この銘柄が群だからだ。

それは、いつもではなく、今、そいういうタイミングなのだ。


それをいつも、バランス良く投資、だなんて。

バランス良く、というのは、

将来を見据えて、必要な処置をすること!

なのだ、それで今、ナスダック系だけの投資は奨められない。

それは、タイミングによって違う。

タイミングによって、バランス良くは、違うのだ。

ということに、栄養士は気づかない。

そもそも、バランスは誰のためにとっているのか、と考えてみると、

それは、栄養士のために、とっているバランスだ。

平均的に2000kcalの食事を、1300kcalに落とす。

これが良いとする。

そうか??

それは、だれに 良いのか?
そう、それは、栄養士にとって良いのであって、痩せる人向けではない。

これは、健康な人向けにつくられたメニューだ。

スポーツする人にも向かないし、痩せようとしている人にもむかない。

まして。

IBM指数が、あ、間違えた、投資ブログなので、つい、・・・
株式情報_2014-4-30_9-11-52_No-00
(IBMも買い転換)



BMI指数(肥満指数)が30をも越えていてる人に、同じバランスで
同じように、カロリーを制限しているだけなんて、とても

バランスが崩れている!!

肥満児には、肥満用のカロリー配分が必要なのだ。

そこから、炭水化物ダイエットがいいか、どうかを論じるのでないと意味がない。

さて、その炭水化物ダイエットは、糖質制限とも呼ばれていて、糖質を制限するものだ。

ご飯も、パンも、そばも、ケーキも、みんな、炭水化物=糖質だ。
炭水化物と糖質は同じ。

とっても面白いことに、

ご飯はバランス良くなのに、ケーキはだめ、っていう。
同じなのに。

ご飯を減らして、ケーキを食べる、これは同じ。

このことの栄養士に聞いてみよう。
違いませんよね、って。

みんなは知らない。

株式情報_2014-4-30_9-19-26_No-00

だから、ケーキとか甘いジュースはだめなのよ、というけれど、
もっといけないのは、







↓ なんだ。

株式情報_2014-4-30_9-19-6_No-00


栄養士の答えはこうだ。

ごはんは、体にゆっくり吸収されるけれど、ケーキとは、糖質そのものだから
急激に血糖値があがって、体に良くないの、と。

そうか?
そうでない。
調べたか?
調べてない。

実際は、ケーキの方が早くエネルギーに使われてしまうので、太らない。

ご飯さえ減らせばいいのだ。

さて、

ここで、必要なのは、いずれにしても糖質を減らす、ということは、どれくらいの
意味があるか知ることだろう??

試しに、肥満の人は実行してみるとすぐわかる。

食事から、一切糖質=炭水化物を抜く。
その代わり、おかずを十分に食べる。

一週間やってみる。

驚くほど、体重が減っているはずだ。
カロリー制限していないのに!!!!

カロリー制限で痩せるの意味合いがまったく違ってくる。

カロリー制限で痩せる派はいう。

カロリー制限で痩せると。当たり前だ。

カロリー制限の中で、炭水化物のカロリーも制限しているのだから。


結局

炭水化物500kcal。おかず1000kcal =1500kcalのものを

20%減らして、

炭水化物400kcal。おかず800kcal =1200kcalとして ダイエットしても

効果は、100kcalしかでない。

しかし、
炭水化物なしの1500kcalにすれば、炭水化物がないので、効果は500kcal、5倍ある。

でまたいう。

炭水化物がないと、バランスが悪い!と。

では言おう。

これは、健康な人が、体重維持のためのメニューではない。

次に、炭水化物がなくても、バランスは取れる。

次に、炭水化物を戻すのは、十分に脂肪が減ってからだ。

物事には順番がある。そして、やり方がある。

このやり方についていえば、上の例の、ほんの100kcalしか効果のないものを
人は、

つづけられない。

1kg痩せるのに、7000/100 70日間 かかる。

では、まったく炭水化物を取らないで一週間過ごしたら、どうなるか。
それも十分に、おかずをたべて。

おそらく、5kg減る。

そして驚く、
そして、血圧が下がる。
その時に、自ら仕組みを知るのだ。

運動をする、といいという。

それは、まず、筋肉に残る脂肪を、この炭水化物ダイエットで、なくしてからだ。
それは、それほど、時間がかからない。

それから、運動をする。

幸いなことに、この効果を証明するのはとても簡単だ。
一切の炭水化物を取らない。

今まで、ダイエットが出来ないのは、空腹に耐えられなかったからだ。
それで、肉も、魚も、油も食べていい。
なぜなら、炭水化物以外は、脂肪にならないから。
血糖値を上げるものもない。

これらは糖尿病に絶大な効果を示す。

次の章では、なぜ、炭水化物より、炭水化物なし、の方がいいか、
について

あえて極論を展開してみよう。
補足として、夜食べるのは、どうか、についてもお話しする。

これを読んで痩せたい人は、今日から、ご飯とパンとそば、スパゲティ、ラーメンなどを止めてみて
一週間体を見てみる。

効果は絶大なはずで、とても驚くはずだ。
血圧も測ると良い。

結果はメールで頂きたい。montana@miomio.jp

良い成果をご紹介したい。では、また。

こちらも↓よろしく、GW30%OFF

投資講座 Cleopatra2014 配信開始
お申し込みは ここ
詳細は ここ



本日の記事一覧
今日の特選情報 一押し日計り銘柄
NYダウ株式市況速報 NYダウチャート ドル円チャート
ダイエットへの挑戦2
NYダウ株式市況速報 NYダウチャート ドル円チャート
ダイエットへの挑戦1
先物建玉動向 GWの中薄商い
秘密記事・日経平均先物建玉+TOPIX先物建玉変化
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

ダイエット

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。