株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)

ダイエットへの挑戦2 記事No.5513

2014-04-30-Wed  01:35:21

以下投資にまったく関係ありません。

ダイエットへの挑戦1

ダイエットの基本は、

カロリーアウト>カロリーイン

であるが、しかし、このカロリーとは何を意味するのだろうか?

2:カロリーとは何か?

カロリーとは、CALで、1000CAL は、1Lの水を1度上げる熱量であるが、
それは、化学での話で、実際に使われているのは、食品の持つ熱量で
体内でどの程度エネルギーとして使えるかの、単位となっている。

しかし、実際に、食品のカロリー表示があるばかりに大きな誤解を招いている。

カロリーアウト のなかに、日々の運動で使われるカロリーだけでなく、
日々生きていくためのカロリーがまず、含まれるが、これが基礎代謝といって
何もしなくても、生きているだけで使われるカロリーだ。
だから、カロリーインがなければ、生命は維持されない。

この基礎代謝が1500Kcal なら、
一日の摂取カロリーが、1500kcal で+-、0となり、太らず、やせずの構図だ。

ここまでは、誰でも知っている。

では、1500kcalが、基礎代謝なら、なにも摂取しなければ、つまり、ビタミンと水だけで
なら、体はどうなるか?
そう、体は脂肪を分解して、エネルギーに変える。

その時に、脂肪は、最終的に、活動エネルギーとなって、生命を維持させるので、
その分、脂肪は減る、

これが痩せる、ということだ。


痩せるためには、イン以上のカロリーを基礎代謝と、運動で使わないといけない。

それは、どれくらいか?

それは、1kgの脂肪を消費するのに、7000kcal必要だ。

よって、何も取らずに、5日も過ごせば、必ず、1kg以上は体重は減っている、
または、一日7000kcalの消費を運動で行えば、1kg体重は減る。

ここから、計算にはいる。

一日、7000kcalを運動でまかなうのは難しい。

水泳のクロールを5時間すれば、これくらいの消費になる。
よって、痩せるためのカロリーを運動で消費するのでは、間に合わない。

唯一の方法は、インを減らす以外にはないのである。

ここで、問題が、運動にあるのではなく、8割は、摂取側にあることを覚えなければ、
苦労しても苦労しても痩せない。

では、どういう摂取で、インを減らすことができるのだろうか??

そして、みんなは、バランスとか、5大栄養素なんて、答えを受け入れていくが、
それでは、痩せない。

なぜなら、カロリーの計算が間違っているからだ。

当然、カロリーアウト>カロリーイン

の計算ができないことになる。

では、どうやってカロリーの計算をすればいいのだろうか??

ここでいうカロリーインは、

実は、食品表のカロリーではない。
カロリー計算に使われるべきカロリーとは、

体に脂肪として吸収されるカロリーのことを言うのであって、
普通の計算とは全く違う。

同じ肉500kcalとご飯500kcalでは、まったく違う。

肉1500kcalは、ご飯500kcal分以下としてしか、計算しない。

それは、炭水化物以外では、脂肪がつかないからだ。

それが、炭水化物ダイエットなのだ。

ここからが、炭水化物ダイエットと、その反対側の見解との戦いとなる。

痩せるために、炭水化物を取らないのがいいのか、それとも、バランス良く取るのか??

この連載をしているのは、この糖質制限ダイエット、向こうでいう、
カーボンカウンティングだけを言うためではない、

これらに含まれる、半端な情報や、誤解を解き、

最終的に、心理的にも、痩せるもっとも効果的な方法を紹介するためである。

そこには、計算と、心の誘導と、読み、がなければならないからだ。

3:カーボンカウンティングの優位性 につづく・・

つづく・・・・・

興味のある方は拍手で教えて下さい。

web拍手 by FC2



関連記事

株式情報 ←無料情報登録


コメント: -

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

ダイエット

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆