株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)


急落ヘッジの簡単な方法・動画・口座紹介(ここ)

■ 1964年東京オリンピックが決まった相場を振り返る 4 ■■■ 株 初心者 記事No.4918

2013-09-15-Sun  16:10:15

■ 1964年東京オリンピックが決まったのは、そもそもいつか相場を振り返る 1■■■
http://nakane2007.blog107.fc2.com/blog-entry-4906.html
■ 1964年東京オリンピックが決まった相場を振り返る 2■■■
http://nakane2007.blog107.fc2.com/blog-entry-4907.html
■ 1964年東京オリンピックが決まった相場を振り返る 3■■■
http://nakane2007.blog107.fc2.com/blog-entry-4913.html



今年は、東京オリンピックが決まって東京ドームも悪くない。

東京ドーム(9681) 週足
1_2013-09-15_06-13-06.png

この東京ドームには、都内でもっとも素晴らしいスパ ラクーア がある。
このスパラクーアがなぜ良いか、と言えば、それは、水風呂が素晴らしいからである、と
以前お話しした。それがサウナのポイントだ。

さて、もう一つ、素晴らしいサービス ローリーがある。

「本日は東京ドーム スパ ラクーアにお越し下さいましてありがとうございます。
このローリーは、本格フィンランド式高温蒸気圧で発汗を促進させるサービスです・・・・・」
と担当のアルバイトは、対流を起こすバスタオルを持って話し始める。

「本日は、私 高木が担当致します。」
ここで、サウナに入っている満員の客が拍手をする。

昨日は、そこに一人の意気盛んな若者がいた。

客が入ってくる度に、おっす、と言い、気軽にみんなに話しかける。

「ローリーはアロマオイルを含ませた水を熱したサウナストーンにかけ、
高温の蒸気を対流され、一気に発汗を促します。本日の香りは、ヒノキです、ヒノキは・・・」

ここでも、彼は大きな拍手とともに、回りを引き込む。

「それでは、対流を始めます。通常サウナは80度に設定されていますが、蒸気が対流しますと
上段から熱い空気が流れてきます、体調に合わせて、中段、下段とお移りください。」

回りからは、熱いかなあと小声が聞こえる。

彼は言う。

戦後の復興時に日本人はこんな事ではめげなかった、耐えて強かったんだ!

「では2回目の対流を行います、手を上げて頂ければわかりますように、温度は天井に
近いほど高くなります、顔を伏せ、背中で熱波をお受け止めください。
熱すぎる場合など、体調に合わせて、ご自由にご退室願います。」

熱い蒸気が室内を包むと、耐えられなく、出て行く客が数人現れる。

彼は言う。

日本人なら、こんなところで出るはずはない。

それでも数人は、途中で出て行った。

ローリーは、最後の対流を行って終了し

「このあとは、外気や、水風呂で体温を冷まして下さい、本日はありがとうございました」

彼は言う。

日本人なら、このあともここで我慢するよな。

もちろん、そんな言葉を聞かず、開かれたドアにいそいで、全員が退出する。

私は、このローリーを何回も受けているが、今日のそれは、非常に熱いものではなかった。
なぜなら、バスタオルを振って対流を起こすアルバイトが、とても緩かったからだ。

私は、このローリーのバスタオルの振り手は、キムくんに限る、と思っている。
いつも、熱波を望む私でも、このキムくんの時の上段は、相当に厳しい、
顔が痛い、のだ。

キムくんのそれは、はじめの対流から、バスタオルを、蒸気をみんなに、あてがうように
力一杯振り回す。
これでもか、これでもか、と続く。
だから、筋肉隆々、いつも、挑戦しているようだ。
隅々まで、熱波が、その客ひとりひとりを襲う。

彼に言われるまでもなく、それが、今の日本人なのだ。
韓国人のキムくんの力強いそれは、日本と、韓国の、エネルギーの差なのだ。

キムくんはなかなか現れないが、緩いバスタオルの振り手を見て、
寂しさを感じるのだ。

戦後、日本は、復興と共に、熱波を、背中でなく、正面から受けていたに違いない。

1961年 日経平均は、オリンピック前のピークを迎える。

1961年 日経平均 週足
1_2013-09-15_15-20-58.png

この時の高値 7/18の1829.74円
この年の連続記録は、前年12/21から1/11まで続いた14連騰。

14連騰1回
10連騰2回
8連騰2回
7連騰1回
6連騰1回

という華々しいピークであった。

しかし、このあとは、オリンピックが終わるまで、一度もこの高値を抜けず、
1968年9月にこの高値を抜くまで7年間の期間を要することになった。

1964年東京五輪が1959年に決定されてから、上昇率は232%
期間は113週を費やしたトレンドなった。

この間に、26週線は一度も、下に向かなかった。

そうして、オリンピックへの株価はピークを付けたが、それは、日本が世界に肩を比べる
ための出発点にしか過ぎなかった。

日本はその後、熱波を正面から受け止め、追いつくべき、米国、ドイツに向かって
日夜働いた。

もちろん、土曜日でも証券会社も銀行もやっていたのだ。
そして、世界のTOPにたった企業は、TOYOTAを始め、一つや二つではない。

キヤノン(7751) 1972年
1_2013-09-15_15-59-19.png

私たちは、今、もう一度、その出発点に返ってきた。

本物のプライドを持って、戦うことができるかどうか、
それに期待して、この連載を終える。




そう、最後に、サウナのあの若者も、みんながでて、仕方なく、友人と渋々サウナを出たことを
お伝えしておく。
ただし、彼の座っていた場所は、もっともサウナスト-ンから遠い、最下段の席であった。


--次回 バブルの始めの始め につづく・・---

続きを読みたい方は、↓をクリックください。

関連記事

株式情報 ←無料情報登録
LINE情報無料


コメント: -

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

東京オリンピック

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆