株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)


急落ヘッジの簡単な方法・動画・口座紹介(ここ)

インフレの気持ち5 節約がもたらすもの 記事No.4707

2013-07-01-Mon  09:36:30

本来、効率化、というものは、より良いものを作るための時間を節約する、
というものであった。

しかし、デフレになってからは、これは、製造費、開発費を節約するためのものと変わった。

それにより、すべてのものが、変わってしまった。

たとえば、今、ビンテージ品が流行っているのは、こういう時代でいない時に作られたものには
節約というデフレによる品質低下の性質が眠っていないからだ。

そればかりでなく、そのビンテージ品に、誇りが生きていて、それが我々を魅了するからだ。

デフレの、節約の中に、誇り、と言う文字はない。

また、音楽も同じだ、
なぜ、昔のカバーの曲ばかりかと言えば、今の曲が、PCを使った節約のもとでつくられたもので
あるからだ。

コードと、リズムだけは、PCが担えるが、メロディーは作れない。
それが、いまの、無機質な音楽となり、メロディーがないと、嘆かれる、また
何を聞いても同じと思われる所以だ。

そのために、CMは、昔の曲を持ち出してくる。
いい時代のだ。

昨日、人気のない映画、

ウイルスミスの「アフターアース」を見た。
彼の映画は、アイ・アム・レジェンド を見てから見ないことにしていた。
共演者がいないし、孤独の話で、ストーリーが陳腐な、節約映画だからだ。

しかし、昨日の映画では、一つだけ、参考にある話を仕入れてきた。

それは非常に的を得た、いい話であったので紹介したい。

「危険と恐怖は違う、危険は実際に存在するが、恐怖は、想像の中だけで作られるものだ」

節約映画の話であったが、この言葉は、別の意味で思い留めておこう。

ちなみに、もちろん、同じSFでも、ストーリーと共演者を選ぶのが
トムクルーズで、彼の映画は、節約がない。


さて、いまTVを見て、以前の節約バンザイの番組がなくなってきたことに気付く。

以前は、いかに節約するかの競争番組だったが、考えてみれば、そんな番組に
商品を宣伝するスポンサーもおかしい。

徐々に、その節約から、贅沢に、なにか、変わってくるはずだ。

ちなみに、いつの節約の時代でも、その流れに乗らないブランドがあって、それらこそ
本当のブランドだ。

その意味では、Aクラスを設定しているメルセデスは、本物ではない。
Cクラスで、カローラと同じ乗り心地である。

その同じ意味では、その5割安で同じ性能を提供するトヨタ自動車(7203)は
ブランドなのだ。

で、ヴィトンも、ロレックスもブランド。
オーディオでは、アキュフェーズはブランドで、JBLはそうではない。
マッキントッシュ(オーディオ)はまだブランドだ。

この20数年間で多くのブランドが消えた。

悲しいのは、JALがそうでなくなったこと。




日本は、もう一度、ブランドを育てなければならない。

つづく・・・・

続きを読みたい方は、拍手をクリックしてください。



関連記事

株式情報 ←無料情報登録

お得な情報無料↓
日々速報ライン登録は →こちら←


コメント: -

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

インフレの気持ち

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆