株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)


急落ヘッジの簡単な方法・動画・口座紹介(ここ)

儲ける方法 5 記事No.3755

2012-03-21-Wed  10:40:32

はじめての方は、1から読んでください。

儲ける方法 1





Nur ein Idiot glaubt,aus den eigenen Erfahrungen zu lernen.
Ich ziehe es vor,aus den Erfahrungen anderer zu lernen,um von vorneherein eigene Fehler zu vermeiden.



愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。



愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

この場合の経験は、小さな範囲に捕らわれた、つまり自分だけの経験です。
それらの限られた世界での知識をバックテストとしないように、この格言はもっと広い意味での
経験、つまり、歴史にそれを求めるのが良い、としているのです。

さて
プロットレシオが限りなく大きい投資方法、
あります。

利益/ドローダウンで、ドローダウンがなければ、限りなく、それは無限大です。

たとえば、ランド円はどうでしょう。

今ランド円は11円です。

南アフリカは金利が高いのでこのランドを10万通貨買うと
一日当たり146円の金利をもらえます。

146*30で、月、4380円入ります。
10万通貨なので、110万円で、月4380円です。

でも、低いようですが、現代ではまだ良い方です。というか、最大限いい利率です。
110万円で年間、52560円 もらえるわけですから。

これを年率に直すと、4.78%です。!!!

とここまで読んだ時点で、FXを経験している投資は、アホな、と言います。

そうです、来年ランド円が、10円で取り引きをされていれば、+52560-100000で
結果、47440円のマイナス、となるからです。

ドローダウンの話までにも行かない、ただの為替変動リスクです。
たから、高金利通貨の取引で、スワップ金利を狙っても、それが、プロフィットレシオの向上には
全くつながりません。

このレシオの、利益=金利、が大きいほど、ドローダウンにあたる、変動リスクも大きくなるからです。
まあ、良くできています。もちろん簡単には儲かりません。

さて、こんなティーブレークは良いとして、
金利が少しでも、変動リスクがなければ、万々歳ですね。
あります。

それは、国内で運用する債券です。

年率は、1/10になってしまう0.3%ですが、ほぼ100%ドローダウンなしです。
当たり前ですが。

100万円で3000円。でも、ドローダウンがないので、元金を増やせば、大きくとれます。
元金1億円で30万円。30万円では、夢がつながらないので、もっと元金を増やして
10億円にしましょう。
それなら300万円年間でとれます。

しかし、残念ながら、この元金をどこから持ってきましょう。
もし優良企業で、銀行から優遇レートをもらえたとして、1.35%のプライムレートです。
それでも、担保なしでは無理です。

差引1%の金利を借り入れのために払うことになり、これでは本末転倒です。
300万円をとるために、3000万円払うということですから。

世の中良くできています。

やはりドローダウンなしに、儲ける方法はない、少なくとも市場からはそうです。
だからここで、もう一度、ドローダウン自体を受け入れて、他の指標とともに見て行かないと
いけないのです。

簡単に言えば、ドローダウンがとても小さくて、利益が少なければ、まず
意味はない。
では、その基準は、といえば、プライムレー以上の利益をはき出さない方法は、方法として
考えても
無駄である。

そのレートは今、1.35%です。

最悪、この利率の2倍以上、期待できる方法をもって、そこに
○○○○○を施すのです。

それが意味のある考え方です。

バフェットも、ソロスも、いつも考えているのは、そのバランスです。
そのバランスあってこその、期待率なのです。

でも、だれもそのバランスを具体的な数値については言及しません。
一体、どれくらいの、資産を、それくらいの期待値の中に、どれくらいの期間放り込んだらいいのか。
???

そして、ここから始まるのは、
であるなら、その勝負は、有利でないといけない、という当たり前の論理です。

さて、ここで、話を少し前に戻しましょう。

JRA相手には、勝てない。
しかし、馬主なら、富を作れる。

パチンコでは勝てない。
しかし、パチンコ屋は上場できる。

ルーレットでは勝てない。
でもブラックジャックなら勝てる。

1億円は当たるかも知れない。
しかし、15000万円宝くじを買い続ける必要がある。

ここから、賭けと、期待値と、ギャンブルと投資を区別していきましょう。

私たちは、どこで戦えばいいのでしょう。

続く・・・・・・・・

(続きを読みたい方は、拍手にクリックお願いします。)

○○○○○を施すのです。
についても考えておいてください。
関連記事

株式情報 ←無料情報登録
LINE情報無料


コメント: -

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

儲ける方法

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆