株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)


急落ヘッジの簡単な方法・動画・口座紹介(ここ)

机上のテスト 記事No.3678

2012-02-23-Thu  11:24:02

システムトレードが流行るようになって、ずいぶんが過ぎた。

この世界では、非常に古くからこれらの試行を行ってきたが、それ故に、それらの盲点も
十分に分かる。

バックテストはまず、カーブフィッティングから疑問となる。
つまり、最適化 はいいのか、悪いのか。

過去に最適にあわせたものは、未来に通じるか、
こんな疑問が先に浮かぶ。
でも、これは、今回の議題ではない。

今回の議題は、テストと実際である。

それは、過去をテストしたものと、過去運用したものは、違う、ということだ。
過去のテストは、いくらでもさかのぼれるが、過去の運用は制限がある。
もちろんだが。

そして、もっとも憂慮するものは、これである。

120223110233.gif

下がってきて、9540円を付けた、この時点で売りのサインがでた。

バックテストでカウントされるのは、9540円で売りである。
しかし、もし、この板で売りの注文を入れれば、指し値では9550円を付けて初めて9540円が
できるだろう。

もし、この時点でポジションを確定させたいのなら、9530円で売ることになる。

これをデイトレで、日々2回、20営業日で 40回試行したとする。

そのうち、20回は、何かの間違いで幸運にもその指示価格で出来たとする。

それでも20回は、10円、違ってくる。

それで合計200円。

もし、このシステムのはじき出すバックテストで月150円の値幅、月間150円×12
イコール 3300円もの値幅であれば、

現実は、(150-200)-50×12 イコール -600円

なのである。

デイトレのシステムは、簡単ではない。

ただし、寄り引けは、このギャップを免れる。

しかし、寄り引けは、板が一方に傾けば、いらないところで約定される。

さてさて、これらを解決して本当の、デイトレシステムとは何なのか、よくよく考えてもらいたい。

関連記事

株式情報 ←無料情報登録
LINE情報無料


コメント: -

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

トレード

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆