株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)

人の噂も75日 記事No.1922

2009-06-08-Mon  10:13:42

人の噂も75日

人の噂は、なぜ75日なのだろう。

まず、季節が5つに分かれるからという説。
これは、春夏秋冬の4つに、
立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間のことをいう「土用」を
いう時期を一つの季節と数えて5つとして
365を5で割って、75日という数値を導いたもの。
しかし、これは考える前におかしい。
季節は4つであり、その季節の前の期間を合わせて1つにするのは
アインシュタインがいやいや仕方なく導入した宇宙項のようなもの。

次にオリジナルを探ると
1830年に書かれた『人情本・春色辰巳園』とある。
「人の噂も七十五日、過ぎたむかしは兎も角も、今じゃあ実の兄弟どうぜん」
とある。
作者の意図は分からず、75日が収穫に要する日数に近いという説もあり、
また中国の二十四節季=1節約15日の5倍、という説もある。

あとは諸説紛紛。

さて、海外では、これは聖書の7日とか、韓国の90日とか、人の噂の日数は
実はさまざまである。

さてさて、現在のちまたの噂は、世界経済は、回復基調に乗ったである。
前回の安値3月の初めからすでに13週を経過した。
90日を経過したことになる。

これらの日数をフィボナッチに当てはめたらどうだろう。

もし、人の噂が数学的に統計的に影響を受けるならそれは
フィボナッチ数に影響されるはずである。
1,2,3,5,8,13,21,34,55,89
13週間
89日間
などががこれにあたる。

ちなみにヒマワリの種の数をらせんに沿って数えてゆくとフィボナッチ数があらわれる。
090608100916.gif


NYダウは6500ドルからの反転13週を数えた。
今週から大きな変化はどこかで起きる。

世界経済は、回復基調に乗ったという噂はその時もう一度
見直されることになろう。

55、89、144・・・・

http://star.freespace.jp/evergreen2/kouen2/oofuna5/oofuna501.html
関連記事

株式情報 ←無料情報登録


コメント: -

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

相場の心

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆