株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)


急落ヘッジの簡単な方法・動画・口座紹介(ここ)

勇気 記事No.1619

2008-10-18-Sat  13:23:49

昨日のNY市場も乱高下だった。
夜間で200さげ、始まって200上げ、ひけで200下げ。
大阪市場も日中の引けと夜間の安値が400円の開き。
引けで80円のギャプ引け。

異常さがわかるというものである。

ここから混乱が続く世界で我々はどう生きていったらよいだろう。
昨日は常識が変わる話をした。
新しい常識のなかで、金融界はをどう生き抜いていったらよいのだろう。

すくなくとも資本主義が変わらないとするならば、これからも格差はつく。
投資はそういうなかでどうしても行っていかなければならない修行である。
なぜなら、税金が公的資金として、勝手に地雷の上を歩いているからである。

さて、いくらのリスクといくらのリターンをとりたいですか?
という質問に一番多いのは、いや、一番の本音は
1%のリスクに、100%のリターンというものである。
100歩譲ってみても、5%リスクに50%リターンではないだろうか。

こういう投資家には、1%にリスクに0.25%のリターンを奨めている。
それは、外にはでない、ということである。
家にいてテロに巻き込まれる可能性もすくないし、階段の上り下りと、
風呂の空だき(それも安全弁のない追い炊きシステムをもつもの)を気をつければいい。

生きるということはどういうことだろう。
もし、相場のシミュレーションシステムをもって、
プロフィットを50、ロスカット10とするシステムを作ったら、ほとんど儲けはない。
それどころか、手数料とノイズで損が積み上がる。

ほとんどの投資家は、ロスとゲインを同じ値で設定する。
儲けかったら50円で逃げる。
逆にいったら50円で逃げる。
非常にバランスのとれた考え方である。

しかし、実際は、
プロフィット50円であれば、
ロスカットは150円にすべきである。

ゲインの3倍のロスを見込んでいなければ、儲けは積み上がらない。

人類がもし、他の生物と違って進歩したとすれれば、それは言葉を覚えたからだけではない。
他の生物と違って、ある部分の人間の遺伝子DNAに冒険というリスクを植え込んだからである。
そしてそれらの人間がその冒険を命より優先できたからである。

少数の人間がを賭して持ってきた興味。
それが偉大な知恵となって進歩を遂げたに違いない。

勇気は、冒険は、無謀とは違う。
絶望の中で買いに行くか、
それとも期待のなかで買いにいくか。

世界分散投資、という言葉を聞く度に心が痛かった。
それはなに、だれに教わったのか。
人類はみな兄弟、世界はひとつ。
それが真実なのに。

いま元気な投資家は、そういう楽天的な投資のススメに背を向けてきた人間と
投資など必要もない資産家と、売り手の厭世家だけである。

投資できる環境にあるなら、これは100年に一度のチャンスである。
それは、ここで大底買いを意味するものではない。
100年に一度のチャンスという意味を考えて欲しい。
必要なのは、勇気。
それも賢い勇気なのだ。




Montana Report

NYダウ GANアングル
0810181206.gif

NYダウがグリーラインを割り込んだ場合、1000ドルまで抵抗ポイントがなく、さらにブルーラインも
一緒に割り込むなら、それは暴落を意味する異常事態になることを解説した。

すでにこのラインが最終下値抵抗ポイントを割り込んでしまった以上、今回の新経済トレンドは
終わったと考えなくてはならない。
またここから先の戦略も考え行かなければならない。

つぎのチャートは1929年の大恐慌時のGANアングルトレンドである。

白:現在 グレー:1929年 月足
0810181204_20081018131103.gif

以前にもお話ししたが、大恐慌と、景気後退がちがうところは・・・・・・・

株式レポート 詳細 ご購入 Sample

につづく。

関連記事

株式情報 ←無料情報登録
LINE情報無料


コメント: 0

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。

相場の心 恐慌

コメント

コメントの投稿

Secret

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆