株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?
  • 日本を見るか、ユニクロを見るか、歪んだ構造の果て。 2019-04-24-Wed 15:35

    日本の株価は堅調です。世界のニュースに遅れずにそんなニュースがドンドン流れる。なぜって、日経平均だから。なぜって、日経新聞だから。TOPIXは上がっていないので、往年の、一般的なしっかりした銘柄は放置されたまま。安値から多少もどいているが、最高値にほど遠い。投資しても、リターンはない。日本が景気いいのに?しかし、景気がいいいのは、日経新聞の日経平均。日経新聞は、日経平均の動きを話す。なぜなら、自分のと...

  • 第四回【先物OP委員会】 会員用 パスワードがいります。 2019-04-24-Wed 13:55

  • 先物OP委員会 公開用解説 2019-04-24-Wed 13:54

    これは非会員にも開示している情報です。より簡単な話です、基礎です。コール、プットともに、行使価格があります。行使期限があります。コールは行使価格以上になったとき、その差が価値になります。コール23000円 なら、日経平均が23500円の時 500円です。日経平均が23000円以下なら0円です。(マイナスはありません)プットは行使価格以下になったとき、その差が価値になります。プット22000円 なら、日経平均が21500円の時...

  • 第三回【先物OP委員会】 会員用 パスワードがいります。 2019-04-23-Tue 17:09

  • 第二回【先物OP委員会】開催前プレ情報 2019-04-22-Mon 17:32

    さて、ファーストリテイ(9983)の天井はもう少し荒れるはず。今日は高値65490円、安値64010円とその差が1500円もあるのだが、もっと出てくるはず。それほど大きな上げをしている訳で、それは日経平均も同じ。その最後の荒波のなかで、相場は天井を付けていくが、GWをなると、仕掛けが入りやすい。高く寄って、あと崩れるか、高く寄って、さらに高くして、一気にピークアウトするか、または、10連休でおかしなことが起こるか、どれ...

  • 第一回【先物OP委員会】開催前プレ情報 2019-04-19-Fri 17:18

    これはちなみに、先物OP委員会でお送りする内容です。一回目は全員に公開します。第一回【先物OP委員会】さて、日経平均の天井は、この指数の銘柄構成をみると、ファーストリテイ(9983)の天井を一致するかも知れない。この1ヶ月、ファーストリテイ(9983)だけで日経平均を316円も上げているのが現状でそのため、ファーストリテイ(9983)のチャートを分析してみることも重要かも知れない。そこで、ファーストリテイ(9983)の日足を見て...

  • 正常な天井はない。いつもそれは分からない中で達成する。 2019-04-19-Fri 15:35

    今日も、日経平均が中心に上がり、NT倍率はとうとう13.727になった。今日の日経平均は+110円であるが、寄与度は、ファーストリテイ(9983)の48円つまり、今日も1社で日経平均を支えたということ。それについて行くかどうかの問題。ですね。...

  • 考えて見れば、2008年にも、赤信号を渡ったのだが、本当の原因は隠された。・・・のであった。 2019-04-18-Thu 14:53

    2008年、なぜ、リーマン前に上昇していたのか、と言っても重かったことはそうであるが、値が寸前まで保てた理由は、格付け会社の不正だった。ウォストリートジャーナルとS&Pが結託して、不正な値を公表していた。しかし、この事由はこれにとどまらず、ありとあらゆる場面で現れる。政府の発表する数値が、間違いであっても、それは単によく調律された結果であり、なくなるものではない。我々はいつもそれを信じている。不正会計...

  • NT倍率異常上昇と赤信号みんなで渡れば怖くない。 2019-04-17-Wed 14:53

    バブルの頂点は、赤信号みんなで渡れば来なくない、という心理が中心になる。この経済が、緩和をしたから、景気が良くなっている経済ではなく、緩和を増加し続けているから、良くなっている経済なのだ。もし、この水準で、自動回転すれば、緩和政策は成功したことなるが、垂れ流している資金があるからこそ、利益がでているのなら、今後それは期待できない。それにしても、上昇という、中身がない。上がっているのは、225や、ビ...

  • ギリシャ国債が、米国債より買われている!夜間のNYは重め。ナスダックは、8000ポイント達成で達成感。 2019-04-17-Wed 11:41

    今の相場を見れば、ビットコインが買われている。さらに、ギリシャ国債が、米国債より買われている、という究極の展開となっている。それは、ネットバブル相場でPER1000倍になったことと同じ意味。しかし、1000倍でも買われる位、すべてのものに理由なき買い物がはいるのが、大天井。それは、買われるから、買う、という展開、で最後の買いは理由がなくなる。今日は、中国のGDPが落ちていないという理由で買われているが、バブルで...

  • 為替条項を入れるか、どうか、という順番が先か????? 2019-04-15-Mon 14:49

    まあ、米国が黙っていると思っていたが、やはり、きっちり、為替への介入を封じてから、円高を演出するつもりなのか?どちらにしても、金を取るのは、中国と、日本からと決まっている。欧州はなんだかんだと言ってそれ程大きな関税問題に発展しないだろうから、ターゲットはやはりこの2国となる。それらの影響が、GW明けにでるかどうか、ということろ。GWは残念ながらポジションは持てないので、眺めるしかないが、相場は、ドルが...

  • 30年前の手口と今日の相場。 2019-04-12-Fri 15:26

    今日は、日経平均が+159TOPIXが+1.12値上がり銘柄数 809値下がり銘柄数 1219という極めていびつな展開となった。なんせ日経平均の上げ分はファーストリテイ(9983)とソフトバンク(9984)とだけのもの。さらに、小資金で上げるファーストリテイ(9983)を狙っていることろを見ると、日経平均を上げさせようという買い方の狙いがある。しかし、30年前を思い出して欲しい。片倉工業(3001) 月足85年の600円から89年の日経平均ピーク時には...

  • 市場が信じているもの・・・・ EU・IMF・トランプ?? 2019-04-11-Thu 11:27

    EUとの離脱交渉が10月まで延期されそうだ。シティーはこれを、茶番劇と呼んでいる。そもそも、そんなこと(=合意なき離脱)など、ポンド相場は信じていなかった。なぜなら、どこにも、メリットがないのだから。ポンドドル 週足ずっとここのところ、底打ちなのだ。通貨だけは、茶番劇、だと分かっている。一方、上昇する株式も、中国との貿易摩擦なんで、信じていない。結局、落ちるところにおちて終わり。これも茶番劇・・・そ...

  • レンジの上限を這う展開は、強いか、最終形。 2019-04-09-Tue 14:24

    このところのパターンである、とりあえず、8:45-9:00の現物寄り付きまでに2000-4000枚買い仕掛ける、というパターンで、今日の日経平均先物の上値抵抗ポイントを早々に試した。日経平均先物 日足 昨日昨日は上値抵抗ポイントに早々にタッチして、陰線。昨日算定した今日の下値抵抗ポイントは21715円。現在はこれを守っていて、本日の引けで、明日の抵抗ポイントが決まる。転換には、下値抵抗ポイントを割ってくる必要があり、下...

  • マネーゲームの果て。ビットコインに見る現実と幻想の狭間。 2019-04-09-Tue 14:11

    いま、ビットコインが55万円まで戻った。安値から5割上がったということだ。それとNYダウが、5000ドルも、たった3ヶ月で戻した、ということは、ほぼ同じ意味の中で行われている。今の市場価値は、実体でなく、金余りの、マネーゲームの果て、の最終場面で、原油の100ドルと同じ。物理的な買い、がどこまで実体を隠せるか、の問題だが、とても、無難に終わるとは思えない。どちらにしても、原油、金、ともに大天井はだれも売れな...

  • 世界経済の行方。もっと大きなレンジで見てみると。 2019-04-08-Mon 13:56

    世界経済なんてものは、テクニックでなんとか、なる、というのが、今の情勢でそこには、経済がもつ本質的なサイクルも、誰もがひれ伏すことになる、歴史的回帰との関係も力ずくでなんとかなる、というスタンスである。それがいいか、悪いかは、あとから分かることであるが、歴史に勝った国も、人もいない。すべては、循環のなかで、物事は移り変わる。今回は、三権分立も、もとより、FRBまで入れ込んで、大統領が一人でなんでも...

  • ご祝儀買いのあと。ドル円が要か? 2019-04-02-Tue 10:45

    今の混迷の相場の中で一つだけ、いや二つだけ変わらないことがある。それが、トランプを信じている人が多い、という不調和な事実と景気低迷を先読みしているのに、ドルが高いという、トワイライトゾーンだ。結局、という結論で一気に紐付けるとドルが安定している限り、相場に暴落はない。昨日から今日にかけて、LINE版無料情報「儲ける方法」では、打診売りを行った。結構、個別ではなく、全体の話、裏読み、パロディ、さまざまあ...

  • 今日の形、個別はまず、目先回転か? 2019-04-01-Mon 16:23

    新元号が発表されたあとの動きはこうでした。日経平均先物 日足ここからは個別も売れる物が多くなってきますが、問題は大きな流れがどこではじまるかです。回りはまだ、悪材料が残っているという、言わば好材料が、残っていますが、これは、パンドラの箱に最後に残されたものが希望であったという、事と同じです。なぜ希望なのかと言えば、未来を何でも見渡せるという災いがまだ残っていたから、・・・という理由です。その理由と...

  • 新年度相場、216銘柄が新高値で、迷いなし、の売りか。新元号00 2019-04-01-Mon 12:47

    日経平均は先月、月足3ヶ月ぶりの陰線で、このローソクのうわ髭を確かめに来ているが、ともかく、日足で変化するまで、プットなどを売りながら、次の展開をまつが、個別は逃げ処と思われる。新元号00についてhttps://newspicks.com/user/3652826?ref=news-summary_3787985ご祝儀、ダブルで個別にピークを図って売り。新元号はなんで、楽園とか、にしなかったんだろう。...

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆