東京総合研究所の株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら


実績表記に誤魔化しようのない、LINE上【リアルタイム(時間表記+さらに板情報画像付き)】で配信した全成績(当たっている一部ではない)を集計しています。LINE登録の方は、これで全てであると確認できます。ニセ投資比較サイトなどの下げ投稿に気を付けて下さい。(無料で配信した全ての結果がこれ↑です。)
  • 振り出し 再び米中会談の時期に。ただ、これで好材料を先取りか。 2019-02-12-Tue 16:52

    ドル一人の上昇であったが結局、株式が後をおった。日経平均はこの2日間の下げを一本の陽線でかぶせて、再び、先週の高値挑戦への期待の場面まで戻した。しばらくは、プット売りが機能しそうだが、3日間もおこなう、次官クラスの調整でまた何かがみえて来よう。逆転一発もあるが、それは狙うものではない。目先重要なのには、中国との交渉を先取りし、それ故に、実は利上げも出来るほど経済は底堅いという立場を取っているドル円が...

  • ドル円の強さの安定は全ての相場の柱となっている。 2019-02-12-Tue 11:32

    ドル円が堅調で、これだけからは、米中の交渉は、進捗がある、ということになる。これを好感して、日米の株価の下支えとなっているわけであるが、本当は、この貿易問題が解決したあとの景気の動きだ。そもそも、問題が一元化されていて、それが、米中問題なら、解決は歩み寄るだけで、市場の懸念は減る。しかし、その要因に、次期覇権を争う、スパイ戦争もはいってくるとなると簡単にナッシュ均衡がみるからなくなる。現在は、米国...

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。