東京総合研究所の株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

代表 大山充についての取材記事

実配信の実績はこちら


実績表記に誤魔化しようのない、LINE上【リアルタイム(時間表記+さらに板情報画像付き)】で配信した全成績(当たっている一部ではない)を集計しています。LINE登録の方は、これで全てであると確認できます。ニセ投資比較サイトなどの下げ投稿に気を付けて下さい。(無料で配信した全ての結果がこれ↑です。)
  • チャートを読むということと、実際にポジションを建てる計画は一致しない。 2019-02-27-Wed 14:43

    市場は、ドル円がこの前の高値を日足でとって調整しているので、この流れが、さらにドル高に進む、というシナリオで動いている。その意味で、チャートなどを見ながら市場を意志をくみ取りたいところであるが、このチャートを眺めたときどう思うか?ここからは何も答えがでてこない。ピークでもないし、もちろんボトムでもない。この時に、ほとんどの投資家は、何かを判断しようとする。そして、いつもいつも判断していくのだ。それ...

  • 投資の世界へようこそ!1 2019-02-26-Tue 16:21

    弊社では本当の投資へ投資家の皆様を導くために、さまざまな形で表現し提案しています。まず、以下のことを知らなければ、投資の入り口に入れません。そして、この入り口を通らず、中に入って行ってしまう投資家は多いものです。1:喜んではいけない。悲しんでもいけない。これらは、次のトレードへの負担を大きくします。やがて統計的結果より、日々の動き、自分の感情に支配されるようになります。それを投資家は気付こうとしま...

  • ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。 相場も同じこと。 2019-02-26-Tue 13:56

    ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。波動もまた生き物であり、全く同じパターンは存在しない。しかし、その流れは、絶えず、栄光盛衰を繰り返す。その一部が、波動であるが、人はそれを、常に、短期的に、永遠とみなす・・・・・LINEでは昨日2回の渡って作ったポジションを決済し...

  • ドル円が全く止まった。ボラティリティ最低は何を意味するのか? 2019-02-25-Mon 16:27

    ドル円のこの小動きさは、7年振りということで、市場は何がドルを引っ張るのか全くわからなくなっている。ドルが上がれば、景気が良くなる、という期待で、債券にはマイナスだが、これを政策で圧力をかけているので景気がよくでも、利上げをさせない、という形。ならば、ドルも重くなりそうだが、これらの綱引きが全く均衡となっているため、ドルはビクとも動かなくなっている。変化の印は、5週移動平均だとしても、そのきっかけは...

  • 中国が乗り気でない、壁、通貨市場への不介入についての同意は、ドル円にとって何を意味するか? 2019-02-25-Mon 12:56

    通貨市場に、何人も、不介入にする、というルールを中国に納得させれば、ドルにとっては好都合となる。それは、ドル円にとっても、好都合となる。それはアメリカにとってだ。今は、ドルは上昇トレンドに乗っているが、利上げをしないとなると、ドルが、この水準で落ち着くかどうかは、危うい。そもそも、米国はドル円のターゲットをいくらに設定しているのだろう。理想は、景気がいいが、ドルが安い、ということ。ドル円に大きな動...

  • 結局は投信はどんな動きなのか? 2019-02-22-Fri 16:03

    まず、日経平均と、TOPIXの動きを比較する、N/T倍率という指標ですが、今年にはいってこのような動きです。NT倍率チャート 週足NT倍率が上がっているということは、分子(日経平均/TOPIX)である、日経平均がTOPIXより上げ率が大きいということを示しています。これは、日経平均の方が薄商いのなか、仕掛けられる、ということを示していて、今年の薄商い相場の戻りを演出するには、日経平均の方がやりやす...

  • 一度システム、戦略を尋ねてみたい。遠方の方へ。 2019-02-22-Fri 11:38

    日経平均先物OPなどは、実際に聞いて見ないとわからないことも多いです。弊社では、オフィスで、初心者の方にも丁寧に説明しております。またネットでは、遠方からのお客様も多く、東京へおいでの際は是非、お立ち寄り下さい。(予約が必要です。)今回は、遠方の方へ、抹茶をご用意してお待ちしております。なお、昨日も、公開しましたポジションはLINE、メール上で決済しております。今年の結果は以下となりました。応援ク...

  • 最終ラウントドとわかっていても、なお、買わないリスク。・・・ 2019-02-21-Thu 15:21

    よく、良い相場になると、「逆に買わない方がリスクですよ!」なんて、言葉も飛び交うのが金融市場。しかし、すでに本田はイギリスの工場を閉鎖し、さまざまに唱えている。それは言わば、目先でなく遠くを見つめてなお、心配ですよ、ってことになる。ともかく、あまりやらないLINEでの無料配信(メールでも)の日経平均先物配信を2月に5回も行った。会員の方からは、辞めて欲しいとイヤミも言われるが、まあ、どうせ無料なの...

  • もうすぐ材料出尽くし、となるか。米中の合意間近。 2019-02-21-Thu 14:26

    苦肉の策、かもしれないが、なんとか、カタチをつくって、関税を逃れる方法を両国がとっていく模様でこれらを好感してNYダウは夜間100ドルナスダックも30ポイントの上昇となった。上げ9週目を飾るような動きであるが、問題は、ここから先であることはいうまでもない。この間、英国のEU離脱や、トランプのロシアへの疑惑問題は、覆い隠されているが、やがてボディーブローのように来てくるはず。そういう意味では、リーマンの、...

  • 市場には、虚数解しか、存在しない。だから、矛盾×矛盾がポジティブになる。 2019-02-19-Tue 13:00

    非常事態なのに、景気はいい。×景気はいいのに、金利は上げない。×金利は上げないのに、ドルは上がる。さて、読売新聞によれば、トランプのノーベル平和は、他推を強要した自推ということになるのだが、この、行くところまでいく、ぎりぎりの動きは、まるで2008年と同じ。その時は、S&Pとウォールストリートがグルってことであったが、今度はその組み合わせが違うだけで目的は同じ。真実は、都合のためにあるべき。真実は、政治の...

  • 今、日本市場は何と連動していて、何が世界の中心かというと。 2019-02-18-Mon 10:37

    分単位以下の動きをトレースしていくと、今、世界の市場を握っているのは、明らかに二つ。ドル円と、ナスダック先物である。この動きに対して、割合は変わるものの、その連動性は極めて高い。そのナスダックは、NYダウを横目で見ながら進んでいくが、ともかく、この両指数は、8週間連続の上げ、陽線続きで、回りの混乱をものともしない。ただ、一つ、米中の貿易問題さえ、先が見えていれば、問題はないという姿勢だ。ナスダック...

  • 3日間で上げたものは、3日間でどうなるかで見極める。 2019-02-15-Fri 15:09

    連休前のナイトセッションで金曜日深夜20,160円まで叩かれた日経平均先物は、今回数日で22,240円と実に1,080円も上伸した。この間、対等日柄を考えると、同じ日数で、どこまで押すかで強さがきまる。今回は、NY株式市場の堅調さにも、後押しされたカタチであるが、価格だけが後押しされて、出来高はついてこない。薄商いのなか、上げると、薄商いの中、値を消す。今回は、LINEでは2回に渡って決済した。結果は、2月の2回の...

  • ビックニュース。延長60日。米中の貿易問題で急動意。 2019-02-14-Thu 14:03

    米国が追加課税の期限を60日延長する、ということで、課税延期を好感して、先物には一時2,000枚の買い物が入った。そして、この延期の意味するところを、市場はまた夜にかけて探っていくことになろう。簡単ではない、ということも含まれている。相場の格言に「お化けと大化けはでたことがない」というものがある。例えば、3倍になる銘柄で儲けるには、二つのことが必要だ。1:それだけの、可能性の高い銘柄を3,000銘柄の中から探...

  • どれくらい休むことなく上がってきたかの軌跡、ナスダック。 2019-02-14-Thu 11:39

    年始の波乱以来、株価対策チームによる買い支えは3ヶ月目にはいった。この間、ナスダックは、たった2日間休むだけで、あとは、まんべんなく、上昇している。今日は、珍しく、NYにとってのナイトセッションである、東京時間で、ナスダック先物はマイナスだ。これら、為替も含めて、底堅い市場経済としているが、その場合はもっと乱高下する。上がった次の日も、利食いの場面なしに、調整なしで続く市場は、PKOがはいっている何...

  • ブログアクセス不良について。 2019-02-14-Thu 09:44

    ブログSSL化についてドメイン転送の不具合から、一日中エラーとなっていました。今後のアドレスはhttps://kabublog.jpとなりますので、よろしくお願いいたします。...

  • 振り出し 再び米中会談の時期に。ただ、これで好材料を先取りか。 2019-02-12-Tue 16:52

    ドル一人の上昇であったが結局、株式が後をおった。日経平均はこの2日間の下げを一本の陽線でかぶせて、再び、先週の高値挑戦への期待の場面まで戻した。しばらくは、プット売りが機能しそうだが、3日間もおこなう、次官クラスの調整でまた何かがみえて来よう。逆転一発もあるが、それは狙うものではない。目先重要なのには、中国との交渉を先取りし、それ故に、実は利上げも出来るほど経済は底堅いという立場を取っているドル円が...

  • ドル円の強さの安定は全ての相場の柱となっている。 2019-02-12-Tue 11:32

    ドル円が堅調で、これだけからは、米中の交渉は、進捗がある、ということになる。これを好感して、日米の株価の下支えとなっているわけであるが、本当は、この貿易問題が解決したあとの景気の動きだ。そもそも、問題が一元化されていて、それが、米中問題なら、解決は歩み寄るだけで、市場の懸念は減る。しかし、その要因に、次期覇権を争う、スパイ戦争もはいってくるとなると簡単にナッシュ均衡がみるからなくなる。現在は、米国...

  • 買い支えはいつまでつづくのか?NYダウ先物で勝つ方法。(101万円利益達成)株ブログの市況解説 2019-02-09-Sat 12:39

    NYダウは久しぶりに3日間の続落となったが、週間では7週間連続上げ、陽線7日間が続いている。NYダウチャート 週足しかし、よく見ると昨日もNYダウ 5分足となり、最後の5分で100ドル上げる様。完全に、買い支えがはいっていて、NYダウでは、午後買うだけで連勝できる。いまAiはこれを知っていて、連勝しているだろう。さて一方、日経平均先物は、これに支えられてはいるが、DAXと同じように、もう少し景気に対し...

  • 次の転換点は5週移動平均線。 2019-02-08-Fri 16:39

    今回は戻りの日柄を2週間超過しての上げとなっているため、調整に入った場合、3週間で安値に達する可能性もある。転換ポイントはたとえばナスダックの場合ナスダックチャート7225ポイントがモンタナバンドでの下値抵抗ポイントとなっているため、ここを割り込むかどうかが焦点となる。材料は、米中貿易問題と言われているが、ドルの堅調さがあるので、ここだけで今回の下げは説明ができない。米景気の減速でも何でもなく、要因がま...

  • 腑に落ちないドル円の動き。NYダウ急落でもドル円が堅調。 2019-02-08-Fri 08:37

    いきなり矛盾に遭遇した。長めの反転トレンドの調整として、NYダウやナスダックが急落するのは、不思議でないが、その理由も、米中会談が延期ということで、納得となるが、それならば、ドルが売られるとう流れが筋であった。ドルが売られない=米景気は問題ない、ということはほぼ強いコンセンサスとしてあるために、この売られないドルに何が潜んでいるのかは見ておく必要画あるかも知れない。ともかく、押し目までは、買い方も...

  • NYもそうですが、ミニラリーのあとにもう一度、考え直したトレンドが再開されます。 2019-02-07-Thu 11:20

    今回、もとをただせば、余りにも衝撃的だったドル円の年初の動き。ドル円チャート 日足 年始これはいつものモンタナバンド(予測用ではなく、シグマ3まで記した解析結果用)で、シグマ-3である108.548円をさらに3.5円も割り込む、ほぼ起こらない確率のもとの位置で、シグマ-3でさえ現代統計学を手に入れる方法 (株)東京総合研究所0.1%位しか起こらないレベルであるのに、さらに-5となると、計算上は0.0000287%まで行って...

  • 絶対の法則、絶対の情報もない。ただ、確率的にトレンドが存在し、その上に株価があるだけ。 2019-02-06-Wed 15:31

    チャートを勉強している投資家に、結局失望を与えるかもしれないし、デイトレードでがんばろうとしている初心者の希望を裂くかも知れないが、チャートだけで簡単に儲かる一定法則もないし、デイトレだから、取れるという有利点も存在しない。簡単に言えば、世界最高峰の頭脳で組成されるFRBが命を賭ける市場で、そんな簡単に勝てる場面が存在するはずもない。それは、大穴、高配当はあっても、本命で、高配当がないのと同じであ...

  • 見えない壁があるのかどうか?市場の挑戦。 2019-02-05-Tue 14:53

    10年間の歴史的な緩和を、穏便に終わらせることが、過去の亡霊を封じ込める唯一の方法であるが、この亡霊は、もとをただせば、レーガンが思いっきり財政に負担をかけて、双子の赤字を増幅させたことから生まれている。巡り巡っての怨念を封じ込めるのは、最新の金融工学的なAiなのか、親分を信じる忠義心なのか、市場はいま、超音波でその墓を探っている。それがこれから訪れるかも知れない見えない壁で、理由なく、どこからか...

  • ドル円はここから戻しの重要ポイントでの攻防。 2019-02-05-Tue 13:33

    FRBが利上げ見送り、から一気に切り返して、市場は、先の先の動きを読んでいる。本来の利上げ見送りが、市場に織り込まれており、そこからさらに、正月の安値を割り込む形とはならなかった、その反動が続いていて、市場は、その先の、結局は、そこまで景気が悪くないので、利上げなし、から、やっぱりやがては、となっている。しかし、さらに、先の先の先まで読めば、長期の流れで、景気がピークを打てば調整は短期で終わらない...

  • 一番の買い場。AIの条件を揃える。 2019-02-05-Tue 09:09

    今週はミニSQだが、まず、NYダウの方が、GMMA買い転換となり、NYダウチャート 日足チャート的に、すべてのトレードマシンが買い転換を出すところ。とくにここから現物は、決算と当時に、買い物が出され、投信の残高が積み上がるところだ。ここでは、前回の4000番台の二つの買いのみ。とくに塩野義などを眺めるだけにとどめる。前回のGMMA買い転換では、ピークアウトとなったため、今回は、押し目を見ておく必要があり、こ...

  • 最近の米国株価の動き。(株)東京総合研究所 2019-02-01-Fri 16:30

    昨年の9月もそうであったが、今の時期の戻りも同じようなパターンでの動きが見られる。下げも一本入るが、それで二本の徹底した上昇日柄でカバーする、といもので、その間、余り波動のレンジを与えない切り上げ型の上昇だ。本来は、押してなんぼの強さなのだが、まるで下値に金属がはいっているかのような、短期調整否定型の形である。これらは、ひとえに、下値に買い物をきかいてき に入れることによってなされる。そして、それ...

  • 値の荒い展開が朝から続く。日経平均先物の大量の玉移動。 2019-02-01-Fri 11:10

    これは日経平均先物、ドル円、ナスダック夜間先物の5分足これから見ると、決してナスダック夜間の動きに連動したわけではなく、先物が、朝5000枚の断続買いで高値をつけ、一気に裁いたという形。一気に裁いた理由は不明。日経平均先物:白 ドル円:緑 ナスダック:ピンク 5分足永遠の0への問いかけは、これから続く。・・・...

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。