株ブログ・25年間現役マネージャー

現代統計学を駆使したテクニカル分析の東京総合研究所代表大山の個人ブログからの提案

TOP > 2019年01月

薄商いの中、方向感なく、反転の期待。

薄商いの中、方向感なく、反転の期待。

本日の東京市場は、薄商いの中値を消したが、後半、押し目買いも入って、+サイドまでこぎ着けた。出来高、売買代金ともエネルギー不足であり、今後は、少しの材料でも大きく動きそうだ。大型が重く、小型の一部で値を維持した形。これでもチャート上は、モンタナバンドの下値抵抗ポイントを割り込み、売り転換となった。また日経平均は引けにたぐったが5日移動平均上で終わった。日経平均先物チャート 日足 モンタナバンド短期...

... 続きを読む

年始の下げ過ぎからの訂正の終わりと次のトレンド。

年始の下げ過ぎからの訂正の終わりと次のトレンド。

NYダウ、ナスダック、ドル円、それぞれが、年始に付けた安値からの反転を日柄超過という形で、達成し、そのあとトレンドはその余韻のトレンドが数日続いたのがここまで動き。ここからは、再度日柄売り転換から、下値を試す展開になるかもしれない。特に、ドルはここで持ちこたえられるかどうが重大で、108円まで抵抗ポイントがないため5日移動平均線を割り込んだ場合は、急速な流れも注意しておきたい。どっちに行かずであれば、...

... 続きを読む