株ブログ・25年間現役マネージャー

現代統計学を駆使したテクニカル分析の東京総合研究所代表大山の個人ブログからの提案

TOP > 2019年01月

ドル円の上昇継続が条件。そして米国の注文が懸念。

ドル円の上昇継続が条件。そして米国の注文が懸念。

日銀や、政府は基本的にドル安が良いに決まっているが、また同時に、米国が無作法なドル高のみ口を挟むことはお決まりだ。ドルのチャートを見ていくとドル円 チャート上値はいい水準まできたので、ここからさらに追っていくことは出来ないが、5日線を連続して割こまない限り、緩やかな動きがつづく。ただし、GMMAは中期短期とも売り転換のままであり、105円割れからの反転が日柄的に続いている。その連続性が12日におよんでおり、...

... 続きを読む