株ブログ・25年間現役マネージャー

現代統計学を駆使したテクニカル分析の東京総合研究所代表大山の個人ブログからの提案

TOP > 2019年01月

左団扇の終わるとき。新時代の投資の行方

左団扇の終わるとき。新時代の投資の行方

いつもこのブログでは、勝率は5割に過ぎないと言っている。こつこつ貯めて一気にはき出す、そのパターンもあれば、負けなしの天才パターンもある。しかし、それらはすべて偶然の織りなす技であることをこのリンクのシミューレーションから記した東京総合研究所 資産運用シミューレーション上部にある%は勝率で、もちろん50%以下は、何回やっても、やればやるほど資産は減っていく。しかし、50%になると、大抵は減るが、(=一...

... 続きを読む

年始相場大荒れ。ドル急落。

年始相場大荒れ。ドル急落。

FXでの運用をおすすめしない理由はここにもある。マイナーな通貨であればともかく、ドルが円に対して、10分間で108.60から105.30まで3円30銭急落した。(円高)ドル円 10分足これは10分ならともかく、1分単位でみるとドル円 1分足7時36分に107.75から105.82まで一気に約2円幅動いたことになる。なぜ、1分足をここで出したかといえば、一分足でこれほど動く場合、この一分の間はほぼ約定されない。つまり、口座の残高がリアル...

... 続きを読む