株ブログ・20年現役マネージャーの先物オプション株式情報・東京総合研究所         

株ブログ・20年現役マネージャーの株式情報


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者 現在の閲覧者数:
株式情報 注目!チャートテスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

投資の奥義:Youtube無料即聴セミナー登録(ここ)


急落ヘッジの簡単な方法・動画・口座紹介(ここ)

マーケットの反逆か。バカでも儲かる株式投資は簡単じゃない。 記事No.9656

2021-02-26-Fri  17:08:32

今日の動画↓
https://youtu.be/c2lNYTUBKjk

長期で買っておけば簡単さ。
それは株式でも、仮想通貨でも
投資なんか、簡単さ、という表現で語られてきた。

年利5%で30年運用すれば、複利の力で、1億円、というのが、キャッチコピー。

しかし、投資がそんなに簡単にバカにもできるものかどうか、マーケットは投資家に試している。

年利5-8%は最高に良い時代であった話。
それが、簡単にまた何十年も続く理由は、どこにあるのか?

それらに疑問を持つことなく、ビットコイン600万円。

今後のブレは、予兆かどうか、とくと見ておきたい。

今日の動画↓
https://youtu.be/c2lNYTUBKjk
株式情報 ←無料情報登録
LINE情報無料


コメント: 0

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ 株ブログ 東京総合研究所 株式情報

まだはもうなり。ファーストリテイ(9983)の売転換を探る 記事No.9655

2021-02-25-Thu  15:58:15

今日の動画
https://youtu.be/O_zCqLmtrio

過去の大相場型銘柄
アップル、テスラ、2000年のソフトバンクはどうやって転換点を向かえたか。
それを比較した。
となると、まだ、ファーストリテイ(9983)は転換していないが、転換したらすぐに準備できる態勢は整えたいし、
ここでヘッジして、ヘッジが意味がなかったとしても

バチは当たるまい。

今後も転換点を追求していくので、チャンネル登録もお願いします。
その他の銘柄も、まあまあの動き。

日経平均先物自体も、ファーストリテイ(9983)の動きを見ながらであり、この銘柄が相当の鍵を握っている。

再度の一吹きを待つ展開。

投資相談もお気軽に。
株式情報 ←無料情報登録
LINE情報無料


コメント: 0

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ 日経平均先物 株ブログ

ビットコイン急落にビックリ。一時1万ドル安。NY市場速報 記事No.9654

2021-02-23-Tue  10:43:56

今日の動画速報【混乱現る】 
https://youtu.be/ymPXDP4uQ-o

昨日、すこし目を離していたら、なんどビットコイン9000ドル安となっていた。

各仮想通貨も軒並み20%安。
一方、株式市場は、ナスダッくが急落、これは長期金利上昇をうけたもの。
また、逆にNYダウは上昇、これはディズニーの上昇をうけたもの。

さて、これらの綱引きが始まった上に、金利上昇でもドルは売られた。
昨年のアノマリーを思い出す。

すでに、アップル、テスラなどの主力ハイテク関連株は、週足での売り転換となっていて、
これがナスダックの足を引っ張っているが、史上最高値圏からの調整までもいたっていない。

さて、市場の論理はこうだ。

ビットコインが買われるなら、土地も絵画もなんでも買われてもいい。
もちどん、PERが300倍であったとしても、関係無い。
買われるか、買われないか、だけだから。

なんといっても、PERがないのがビットコイン、仮想通貨なので、
経済指標も、金利も、政策も、なにもなにものが買われる時代なので、なんでもいいというのが、論理。

一方、それは、ないでしょ。というのが、保守派の論理。

今市場は、金利高なのに、ドルが下がったり、個人がファンドに勝ったり、価値が無価値に勝ったり
混乱の極めに入ろうとしている。

株式市場には、スロップ安も、サーキットブレーカーもあるが、仮想通貨にはない。
さらに昨日の、出金停止、や、アクセス禁止、なんてことがまた起きると

そこまでして、仮想通貨に置く意味があるの、となる。
いくら、インフレヘッジとしても、脱税用としても、インフレヘッジしていたら、盗まれちゃったじゃ
シャレににならない。
なんていっても、保険効くのは数百万円までの市場だから。

さて、そんな混乱の市場にも資金が入り込んで、みんな、インフレバイザイが続いている
でも、その反動は

ちょこちょこ 起こってくる。
そのとき慰めるのがFRBや日銀の役目。

舞台は、予測つかない転換もあり、だが、仮想通貨だけは、眺めるに留めたい。

市場の、まず、フェアーな掟は、流動性、換金性、ってことなのだから・・・・

今日の動画速報【混乱現る】 
https://youtu.be/ymPXDP4uQ-o

チャンネル登録もお願い申し上げます。(^・^)

株式情報 ←無料情報登録
LINE情報無料


コメント: 0

応援クリックもよろしくお願いします。(最新ポジション入り) 株式ランキング
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 システムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。

名称:株式会社 東京総合研究所
所在地本店:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi
恵比寿事務所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
URL:https://www.888.co.jp/
e-mail:tokyosoken777@gmail.com
代表取締役社長:大山 充
金融商品取引業者:関東財務局(金商)第2507号
ホームページサイト名:投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所
業務内容:投資助言 投資顧問サービス(会員制)
登録番号:関東財務局長(金商)第2507号 
その他:セミナー講演・執筆