株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

株ブログ相場展望・2018-11-14 明日は動くか? 記事No.8945

2018-11-14-Wed  17:17:16

NYダウが、引けに売られて100ドル安となったものの、東京市場は、いきなり買い気配で始まって21990円まで急伸した。

結局、GDP発表前に、先物をどーんと買って、9:30の発表あとに、手仕舞って終わり、という感じ。
しかし、GDP自体はすでに予想されていたので、なぜに上方向にそんなに急ぐか、不思議な展開だった。

ここでもドルは、非常に小動きで、静観という動きだった。

このドルとの連動性は、やや疲れてきていて、ドルが、支えられているのか、株式が支えられているのか、
外からは分からない。
が、もし、大きなファンドがあったとしたら、ここから、押し目買い、というレベルでもない。

VIXは引き続き、継続としている。

さて、日経平均先物なら、どちらに動いてもいい。
まずは、日経平均先物の理解からどうでしょうか?

日経平均先物 理解度テスト、基礎編その2
http://www.888.co.jp/225test2.html


『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ 日経平均先物 株ブログ

兆がつくもので成功したものはないが。。。ソフトバンク買いですか?のアンケート 記事No.8944

2018-11-14-Wed  10:32:39

あまりに証券会社が買え買えと、お客さんに言ってくるものなので、
こちらもどうしたらいいのか、質問が多いです。

そこでアンケートです。



IPOファンの方も多いのでご意見お聞かせください。

大型。2.6兆円です。
『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ ソフトバンク(9984) IPO 上場

何かの予兆か。株ブログ相場展望2018-11-14 記事No.8943

2018-11-14-Wed  08:45:51

最近は5分足を6本見逃すと300ドルくらい動いているので目が離せない。

だが、その中で、少しずつの変化もある。
これは昨日のNY市場の5分足。

白:NYダウ 緑:ナスダック 赤:ドル円 なのだが

stocksinfo_2018-11-14_8-38-30_No-00.jpg

ドル高=株高 の背景はおおむね変わらないが、
最近は、明らかに、ドルによって株価を持ち上げようとする動きが分かる。

この赤いラインが上に挑戦して、NYダウを引っ張っているが、また引っ張ってきたが、
この頃は、反応が重い。
あまり反応が重くなると、今度は、ドルとの連動性がなくなり、ドル自体の問題が浮き彫りにされてくる。

という細かなお話。
すべては小さなところから、共振はおこってくる。


株式ランキング








『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ

投資家の陥る勘違い・その罠から逃げる。 記事No.8942

2018-11-13-Tue  16:25:08

以下真実を書きますので、よくその意味をご理解ください。

質問:答え

株は持っていれば上がる:○
プロにまかせれば安全だ:○
プロにまかせれば儲かる:×
損切りは小さく、利益は大きくだ:×
ヘッジは必ず入れる:○
投信は儲からないものが多い:○
投信を選ぶこと自体がテクニックだ:×

とくに最後の質問が考えさせられるものだ。
なぜなら、投信を選ぶテクニックが必要なら、もともと、プロを選んでいる意味がない。

では、この答えの心を以下に書きます。

株は持っていれば上がる:○
長期的にを限定として、持ち続けることで、上へのバイアスは、下へのバイアスより、
「へいきんてき」に 大きくなるから。 ≑ 銀座の不動産長期保有と同じ
銀座の不動産なんか買えないという人は、この土地を持っている企業を買う。

プロにまかせれば安全だ:○
資金が飛ぶことはない。減ることはあっても。
お金も消えない not = 仮想通貨

プロにまかせれば儲かる:×
プロ同士が戦う市場で全員勝てないから。

損切りは小さく、利益は大きくだ:×
小さい損切り10回>大きな値幅1回
だから

ヘッジは必ず入れる:○
世の中読めないので。

投信は儲からないものが多い:○
全部買うと必ずマイナスになる。

投信を選ぶこと自体がテクニックだ:×
結局選ぶことに、成果が左右されるなら、選ばれた銘柄を買っている投信に価値はない。

以上です。
応援もよろしくお願いいたします。

人気ブログランキング





『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ

今までと、明日。10年間を振り返って今後すべきこと。株ブログの経験から。 記事No.8941

2018-11-13-Tue  11:27:47

リーマンンショックからすでに10年が経過した。
経済的な蓄積、状況、方向、また政治的な動きはここでは無視して10年間を振り返って見れば

ある一定のやり方で、利益が上がってきた。
一定のやり方のうち、近年の1年間は、また別のやり方で利益が上がり、
9年間うまく言ったやり方は市場にマッチしなかった。

この結果、

世界最大のヘッジファンドも直近の純利益は約330億円と大きいが、運用利回りで考えると0.25%程の利回りとなってしまっている。
債券投資型のファンドは転換機を向かえている。

そして、これから、うまくやってきた
特に債券型買い一本のファンドが売りで取れるのかどうか、試される時となる。
なぜなら、もう10年間、同じペースで緩和は進めないのだから。

という意味をふくめて、これまでの10年と、今後の10年は投資方法を変えなければならないかもしれない。
その分岐点が近づいてきている。

市場が、これまで、急落は、急騰で切りぬけ、帳じりを合わせてきたのは、

一にも二にも、週足での移動平均線が「上を向いて歩こう」だったからである。

一方、ファンドも、その方向で世界が進むしかない、と判断しているので、なんでも良いから
企業を買う、売る、の繰り返して大きくなってきた。

言わば、マイナス金利にものを言わせてきた動きがこの10年であった。

我々は、相場の流れに逆らえない。
相場は政府が作ってきたので、政府に逆らわない。

しかし、その政府は歴史に逆らえない。
歴史は、統計という神様がつくるものなので、結局、輪廻転生になって、歴史が繰り返される。

その次章の始まりがいつになるか、だけの問題なのだ。

週足がすべてになる。

応援もよろしくお願いいたします。

株式ランキング

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ

昨日、深夜100万円達成。日経平均先物トライアル・株ブログの今後の相場展望 記事No.8940

2018-11-13-Tue  08:46:31

昨日、以下の営業日数において、3ヶ月以内で100万円を目指すトライアルで100万円を達成しました。

stocksinfo_2018-11-13_8-34-43_No-00.jpg

stocksinfo_2018-11-13_8-33-53_No-00.jpg

今回は、営業日数で3日から5日でしたが、基本は3ヶ月以内達成をめざいます。

先物OPトライアルでは、100万円で打ち止めですが、正規会員なら、さらに利益を伸ばしていきます。

現在は、LINEでときどき、リアルタイム公開いますが、もちろん、全部のポジションはお伝えできません。

是非、トライしてみてください。

さて、市場は昨日ドル円に付いて行かなかった日経平均は、夜のNY市場の行方を示していたわけですが、
今度はドルがどこで止まるかに注目です。

いずれにしても、前回お話しした、暴落は、週足でのブルーゾーンから起こることになっており、
現在この条件は、ナスダックだけ満たしています。

応援クリックもよろしく お願いします。

株式ランキング

NYダウはまだはいっておりませんが、手前です。
また投資講座の実践版でもおすすめし、昨朝、買い直しを指示しましたVIXも

stocksinfo_2018-11-13_8-30-24_No-00.jpg

きな臭いトレンドとなってきました。

ここまでは、中間選挙あとの、急騰の反動です。
ここまでは。

応援クリックもよろしく お願いします。

株式ランキング













『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ

ドル円さえ、堅調なら、市場には期待感が残る。そのドルについて米国は静観。株ブログ相場展望2018-11-12 記事No.8939

2018-11-12-Mon  11:07:12

ドルが上がるのは、日本のせいでなく、金利が上昇しているからで、これをとやかく言われる筋合いはない。

米国が、それを理解していれば、投機筋も、ドル買いに傾くが、どこで何を言うか、わからないのがトランプ政権なので
このドルが、素直なトレンドにならない。

とはいっても、転換するときは、モンタナバンドの日足での下値抵抗ポイントを割れるはずなので、

ドル円チャート 日足
stocksinfo_2018-11-12_10-46-22_No-00.jpg

113.58円が転換点(本日のみ)となる。

分かっているのは、日銀が、引き続き金融緩和を強いられ、同じ最高レベルで、債券を買っていく、ことが義務づけられ、
これは、変わりそうにない。

じゃあ、やっぱり株式市場には、買い物で、支えられるというのが、業界の意見。

また、同時に、この程度の調整では、FRBは変わらないので、トランプも気にしてはいない。
気にするレベルに、米国も、日本も、株式市場も、為替市場も、いない、ということ。

だから、何があっても良い動きに繫がり、値動きが激しい。


いまさら、世間の感覚を聞いてみる。NYダウは戻るのか?の問題。
http://kabublog.jp/blog-entry-8937.html

前回皆様にも、ご協力いただいた、12月予想では、レンジに収まる、が主流となっていて、
いまの相場はそんな感じ。


応援クリックもよろしく お願いします。

株式ランキング
『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ

株ブログ相場展望2108-11-12・ドル円がすべてか?リーマンショック・大恐慌時との比較暴落チャート 記事No.8938

2018-11-12-Mon  00:02:30

短期的な展望らな、日足での転換がこのまま続くか、であるが、
(詳しい抵抗ポイントはWeb動画サービスで紹介)
長期的には、ドル円が、緩やかな上昇トレンドを形成できるかに、すべてかかっている。

ドル円の上昇は、金利高を示し、さらに、膨れあがったドル残高が、世界的に解消されることなく、
ドルの価値が下がらないことを示すからであり、
また、その過程であれば、どんな暴落をもコントロール可能となるからで、ここがやがて来る共振を止める大きな防波堤になり得るからだ。

しかし、予期しない動きにドルが巻き込まれた場合は、そして、その構造に複雑さをまとっていれば、市場はうつ手に苦しさをともなう。

なぜなら、リーマン以来、危険水域を遙かにこえる政策をもって、市場に資金を提供し、それを回収できないでいるからだ。

これは、青:NYダウ、ピンク:ナスダックをリーマン後の安値を1として計算した、現在の回復倍率チャートで

stocksinfo_2018-11-11_20-37-36_No-00.jpg

NYダウは3.7倍、ナスダックは5.4倍に達した。

大儲け、の米国市場は今後も、歴史の制裁を受けずにこの上昇を維持していくためには、
金利を正常に戻さなければならない。
今は日本の、低金利継続の中で、ドルは保たれている。

一方、もし、リーマン時の安値でなく、リーマン前を含めて、前回の市場最高値をどれだけ更新したのか、
という部分でこの両指数の倍率をとると

stocksinfo_2018-11-11_23-41-30_No-00.jpg

ほぼ、両指数とも、過去の最高値の1.8倍に到達した。

応援クリックもよろしく お願いします。

株式ランキング

今回の下げは、今までにもあった下げで収まるには、ドルが平気でこの水準にいる必要がある。

ただ、いいずれにしても大の付く暴落は、週足で、移動平均が上を向いていたり、モンタナバンドでブルーゾーンを離れている間はおこらない。
ここに戻ってから、が赤信号になる。
この株ブログでも何回も、大暴落時のチャートのパターンを出しているが、モンタナでみると、ブルーゾーンに入っているかどうかが問題だ。

2008年 リーマンショック
stocksinfo_2018-11-11_23-52-29_No-00.jpg

1987年 ブラックマンデー
stocksinfo_2018-11-11_23-53-14_No-00.jpg

1929年 大恐慌
stocksinfo_2018-11-11_23-54-27_No-00.jpg

黄色い枠がそのサインだ。

という意味では今そのポイントにNYダウは達していない。
そこで、ここからそのポイントを重視して見ておく、ということだ。

(詳しい抵抗ポイントはWeb動画サービスで紹介)

ここでも追跡するので、応援クリックもよろしく お願いします。

株式ランキング


『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ NYダウチャート 恐慌 暴落

いまさら、世間の感覚を聞いてみる。NYダウは戻るのか?の問題。 記事No.8937

2018-11-09-Fri  14:47:35



時として、自分のポジションが大きいと、バイアスをかけてしまうものです。
では、一般的には、投資家はどうみているのでしょうか?

解説者でもない。
証券会社でもない。
政府筋でもない。

純粋な投資家として、みなさんの考えをお聞かせ下さい。

ちなみにNYダウは、正確にいうと、

◇ポジティブ◇
週足では、移動平均線は、依然として、以前のように、上を向いていて、問題にない。
日足でも、回復基調にある。
過去、いくらでもこんな相場を持ちこたえてきた。
トランプがトランプであることに変わりない。

◆ネガティブ◆
かつてないことが起こるのも相場。
景気は、来年も本当にいいのか?
アマゾンが回復するのか?
アップルはそれでも余裕か?
平和は暴落の兆し。

では、上部投票よろしくお願いします。



『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ

共振はこうなる。その特徴の注意点。株ブログ2018-11-09相場展望 記事No.8936

2018-11-09-Fri  10:47:21

今回は、いずれにしてもドルだけの問題だと思われる。

なぜなら、史上最高に発行されてるドルが安定していれば、共振は起こらないからだ。
共振については、さんざんこの株ブログで、リーマン前からお話ししてるので、覚えている方も多いかも知れない。

共振でなく、単振であれば、今の金融システムが恐れることはない。

なんていったって、サーキットブレーカーは、1987年から考えラられていたんだから!!
それでもリーマンンショックは起こった。

さて、共振を考える時、不思議な一つを思い出した。
それをお伝えしようと思う。

まずはクリック応援いただけると嬉しいです。

株式ランキング

それで、共振の特徴だ。

共振があってなにか、一気に市場が崩れる、と思っている方もいるかも知れないが、そうではない。
一発で崩れない、のが共振で、一発でくずれたら共振にもなにもならない。

しかし、一発でくずれないところがまた、怖い。
なぜなら、それは、回避されたとして、次の振動を許すからである。
ここまでは、なんとか、制御できる。
できないは、本当に、共振が、つまり、時間をおいて、揺れはじめた時。

幸い、株式市場は、即、降りられる市場であるが、不動産市場は降りられない。
それでリーマンンショックになった。

だから、物事は、株式市場だけでの共振ではなく、他の市場との共振になるはずで
それも、
ゆっくりくる。
リーマンは、12月にそのはじめがでて、本格的に表にでたのは翌年の9月だ。

なんと、この間、市場は、上げた場面もある。
それが、共振というもの。
片辺を見ても、わからない。

ゆっくり、おこる。
何回も。

これは頭に入れておきたい。


株式ランキング
よろしくお願いします。

だから、ドル円だけ見ている。
あとの乱れは、その予震に過ぎない。

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。
関連記事

株ブログ

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。