株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

読者のみなさんからの疑問質問 記事No.99

2007-07-01-Sun  02:41:52

良いご質問をいただきましたので転載させて頂きます。

件名 : タイミング

相場の見通しについては長い経験と知識から来る予測は流石だと思います
今回のNYダウも予測通り暴落が来る事になるのでしょう
・・・でも暴落のリスクを唱え早く逃げるべきと提言してから2ヶ月以上経ちませんか??
騰がる下がるは大切ですがそれがいつなのかのタイミングを外すと見込み違い損失と機会損失も大きくなります
当初は暴落リスクをサイトの掲げてから(4月後半ぐらい?)2週間程度で暴落が起こると予測していたのではありませんか?

機会損失について。
こんにちは。
4月の危機はその後上値抵抗ポイントをとってきたので引き延ばされていますね。
NYダウや、SP500を取り引きするなら、NYダウBurnOut計画で、どの時点で、売りに入れば良いかを提案してありますので、参考にお読みください。
問題は、機会損失ですね。
住友金属鉱山(5713)、大平洋金属(5541)、三井不動産(8801)など市場の稼ぎ頭が、5月にピークアウトしてるので逃げ場ではなかったでしょうか?
指数的にいえば、その分の穴埋めとして日立(6501)、東芝(6502)などが
上がっていて、電気株である銘柄は逆に買いが面白いとしているので、
それほど機会を損失しているとも思えません。
ただ、暴落は来ると準備しているのと機会損失を恐れて、目一杯建てているのとでは、こころの準備が違うとは思います。
天井はだれにも分からず、底も、タイミングもだれにも分かりません。
空売りが早すぎるリスクと、機会損失のリスクは種類が違います。
機会損失、多いに結構です。
0990-518-518やレポートにも書きましたが、買いを30%以下にして、高いダブルトップの銘柄を逃げておく、というのが今継続しているスタンスです。
ただ、買い銘柄をこのブログでは東芝(6502)と大日本住友製薬(4506)などに限定しているだけです。
投資家は天井では待つことはできません。
投資家も、証券会社も常にポジションを持つことが、最上で、なにもしないという、優れたポジションを維持することもできません。
毎日株価を見ていると、一ヶ月も三年に映ります。
それぞれの相場への取り組み方があります。私はここでは、何度も繰り返された、どうしてもできないことを語っていきます。
貴殿の疑問は本当にごもっともで私も昔なら、同じことを考えたでしょう。
買うのは悪くありません。
暴落のラインに入らなければそれで言い訳ですから。
しかし、目一杯はいつの時も良くありません。
ちょっとでいいです。
機会損失であったとしても。


メールや、コメントで頂いたご質問につきましては、
一般的に同種の質問の多いものだけ(個別は無理ですので)適時アップさせて頂きます。
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

疑問質問

コメント

コメントの投稿

Secret

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。