株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



過去から未来へ システムトレードの栄光と挫折3 記事No.98

2007-07-01-Sun  01:57:43

過去から未来へ システムトレードの栄光と挫折3

しかし、そのあと、彼(MACD)は豹変したのです。
1997年をピークに、テクニカル指標の王道を行っていたMACDは
長年にわたる安定していたパラメーターを裏切り続け、
それ以来、その年のピークを10年もの間抜き去ることができていません。

テクニカルチャーチストはさまざまな他の指標を探し続け、この日本独自の
分析法である、一目均衡表がロイターに採用されるまでになりました。
しかしながら、過去に戻ってパフォーマンスを検証するバックテストと
いう意味では、解釈が幾通りにも存在するこの分析方は役に立ちません。
同じ意味で、エリオット波動も、後になって、以前の解釈を変えなくて
ならない、つかえない(システムとして)もっとも有名な分析法と
なっているのです。
五波のうちの第三波であったはずが、ブレイクしたため、まだ二波で
あった、などの言い訳はシステムでは通用しません。
その意味で複雑な解釈をする分析法は、それを単純、明確化して組み入れる
しかないのです。
しかし、その罫線の信仰者はこう言います。
「この分析法は奧が深いのです。簡単には理解できません。」
また、その罫線の先生はこう言います。
本当に学び取るには、”次の講習を受けないとなりません。”

いずれにしても市場には、長期に渡って確約できるパラメーターなど
ないことは、膨大な検証で確認できるものの、投資家はいつまでもこの
夢の罫線を求めます。

あたったように見える罫線も、当たったように結果を出すバックテストも
どこかに大きなバグがあり、それが単に見えてこないだけなのです。

分析方法を研究すればするほど、すべての手法は、カオスと隣あわせに
なってきます。
そこにまた、検証を必要としない、企業分析アナリストや、罫線解説家の
生きる道が残っているのです。
錬金術があれば、だれがそれを他人に教えましょうか?
ブラックボックスを30万円で売っていたら、それはそれ以上の価値がないか、
一ヶ月だけ使えるものでしかないという、ごく単純で、明快で、真理に近い
論理を、だれも認めようとはしません。

どんな手法を使おうとも、結局は、インデックスに負ける。
この結論は、システム取引をおおいに否定するものであるだけに、
研究者は簡単には認めません。
そして、挙げ句の果てに、フーリエ解析やをはじめとする工学的な分析法まで
手を伸ばし、フィールズ賞学者の力をかりて、サイコロの目を占う研究が
続けられたのです。

ここまで来て、一つの疑問と、その答えを、断定的に裁いていていた憎き
理論を思い出しました。

過去から未来へ システムトレードの栄光と挫折4
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ