株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

株ブログ相場展望2108-11-12・ドル円がすべてか?リーマンショック・大恐慌時との比較暴落チャート 記事No.8938

2018-11-12-Mon  00:02:30

短期的な展望らな、日足での転換がこのまま続くか、であるが、
(詳しい抵抗ポイントはWeb動画サービスで紹介)
長期的には、ドル円が、緩やかな上昇トレンドを形成できるかに、すべてかかっている。

ドル円の上昇は、金利高を示し、さらに、膨れあがったドル残高が、世界的に解消されることなく、
ドルの価値が下がらないことを示すからであり、
また、その過程であれば、どんな暴落をもコントロール可能となるからで、ここがやがて来る共振を止める大きな防波堤になり得るからだ。

しかし、予期しない動きにドルが巻き込まれた場合は、そして、その構造に複雑さをまとっていれば、市場はうつ手に苦しさをともなう。

なぜなら、リーマン以来、危険水域を遙かにこえる政策をもって、市場に資金を提供し、それを回収できないでいるからだ。

これは、青:NYダウ、ピンク:ナスダックをリーマン後の安値を1として計算した、現在の回復倍率チャートで

stocksinfo_2018-11-11_20-37-36_No-00.jpg

NYダウは3.7倍、ナスダックは5.4倍に達した。

大儲け、の米国市場は今後も、歴史の制裁を受けずにこの上昇を維持していくためには、
金利を正常に戻さなければならない。
今は日本の、低金利継続の中で、ドルは保たれている。

一方、もし、リーマン時の安値でなく、リーマン前を含めて、前回の市場最高値をどれだけ更新したのか、
という部分でこの両指数の倍率をとると

stocksinfo_2018-11-11_23-41-30_No-00.jpg

ほぼ、両指数とも、過去の最高値の1.8倍に到達した。

応援クリックもよろしく お願いします。

株式ランキング

今回の下げは、今までにもあった下げで収まるには、ドルが平気でこの水準にいる必要がある。

ただ、いいずれにしても大の付く暴落は、週足で、移動平均が上を向いていたり、モンタナバンドでブルーゾーンを離れている間はおこらない。
ここに戻ってから、が赤信号になる。
この株ブログでも何回も、大暴落時のチャートのパターンを出しているが、モンタナでみると、ブルーゾーンに入っているかどうかが問題だ。

2008年 リーマンショック
stocksinfo_2018-11-11_23-52-29_No-00.jpg

1987年 ブラックマンデー
stocksinfo_2018-11-11_23-53-14_No-00.jpg

1929年 大恐慌
stocksinfo_2018-11-11_23-54-27_No-00.jpg

黄色い枠がそのサインだ。

という意味では今そのポイントにNYダウは達していない。
そこで、ここからそのポイントを重視して見ておく、ということだ。

(詳しい抵抗ポイントはWeb動画サービスで紹介)

ここでも追跡するので、応援クリックもよろしく お願いします。

株式ランキング

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ NYダウチャート 恐慌 暴落

コメント

コメントの投稿

Secret

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。