株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

株ブログ相場展望・拾えるうちに拾っておく。まだ、週足で買い転換していない。 記事No.8927

2018-11-05-Mon  09:47:37

まだ、下げの余韻がのこり、金曜日に高値をしっかり超えてこないと、投資家も懐疑で買っていけない。

逆に、下値に届いたと思われる銘柄は打診買い、をしていくが、戻りの大きさが大きいものを狙っていきたい。

投信が儲からないという話はここでもさんざんしましたし、会員様、またこの株ブログでも8月に全商品をキャッシュポジションにとおすすめしました。

なぜ、投信が儲からないか、といえば、それが日経平均と連動するからです。
いくら連動しないようにしても、連動します。

先日日経の記事にはこうでています。

stocksinfo_2018-11-5_9-42-40_No-00.jpg
「QUICK資産運用研究所によると、一般に広く販売されている公募投信の資産残高は10月末時点で110.2兆円と前月末比で6兆600億円強(5%強)減少した。世界の株式相場の動きを示す「MSCIワールド指数」は10月に7%強下落している。投信資産の単月での落ち込みとしては、リーマン・ショック直後の2008年10月(約11兆600億円減)以来の大きさとなった。
三菱アセット・ブレインズ(東京・港)によると、個別の投信で運用資産の落ち込みが最大だったのはレオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」で、735億円減少した。9月28日時点で最も多く保有していた米アマゾン・ドット・コム株が大幅に下落したことなどが響いた。
年初まで人気のあったテーマ型投信の残高減少も目立つ。日興アセットマネジメントの「グローバル・ロボティクス株式ファンド」はシリーズの2本合計で1363億円減少。人工知能(AI)や電気自動車(EV)などの関連銘柄に絞って運用する投信も不振だ。新興国関連も厳しく、野村アセットマネジメントの「野村インド株投資」は404億円減少した。」

投信に良い投信も、悪い投信もありません。
目的が儲けることではないからです。

さて、LINEで公開してきた(リアルタイム、配信時間証明つき)での全成績は

stocksinfo_2018-11-5_9-3-30_No-00.jpg

最後は、金曜日のすっ高値で、コール買い(珍しく)を決済しました。
コール買いは、損失限定で、いく、と宣言したものです。
利益が積み上がればいろいろトライできますね。

もちろん、有料版の先物OPトライアルも、11月2回100万円達成になっています。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

コメント

コメントの投稿

Secret

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。