株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

夏休みの日記2 私たちが信じるもの、そのもっとも手軽で信ずべきもの。 記事No.8826

2018-08-17-Fri  18:42:09

叙情的に言えば、我々の世代、その先の世代は、アメリカを信じてきた。
負かされてなお、その強大さに引かれてきた。

その前が、仏教だった。
そのアメリカが、信じてきのが、科学だった。

その科学が言うには、世界、いや宇宙、いやこの世の4%が分かっていて、96%は分かっていない、と言う。
これは語弊があるから言うが、言葉、物体として、分かっているのが、4%なのではなく、
エネルギー比、として、96%の部分は解明できていない、という意味だ。

となると、わずか、ものを動かす4%の部分しか、我々は、論理的に考えられないとなる。
(宇宙が加速膨張する、という意味でも)

それでも、なお、宇宙の瞬きより、小さな時間でしか、生きられない我々が信じるのは、
現在では数学しかない。

数学だけが、物理を越えた世界で唯一通用する原語でもある。
通用しないのは、夢の中だけだ。(だから夢は偉大)

もし、ここから論理的に話を進めれば、数学的な有意差が明らかな手法を取って行かざるを得ない、ことになる。

株は、五分五分、これはいつも言っていること。
なぜなら、ここから、上がるなら、もう上がっているし、ここから、下がるなら、もう下がっているから。

上がる株を放置する最優秀トレーダーもいないし、
確定の利益を見逃す、商社もない。

世の中、すでに、情報が効率化されている、ことを思い出さないといけない。

つまり、いつもの、
落ちている一万円札がホンモノであるはずはない、なぜなら、ホンモノならもう拾われているからだ、になる。

市場は、相場は、そんなバカじゃないし、みんなより、頭が良い。
秘密の情報も、あなたには、届かない。
なぜなら、ソロスとバフェットのそれぞれのファンドが、年間、マイナス、とプラスで引けたのだから。
王道なし。

そうリセットしてから、投資をもう一度考える時、あなただからこそ、勝てる方法が見つかる。

なぜなら、あなたの投資資金が、4000億円に達していないから。

このブログでは、だれもつかない道を突き、だれも行かない道を行くかもしれない。
効率化された社会で生き残る唯一の投資方法は、転がっていない。

ただ、ある。
まずは、負けない仕組みから読んでください。

数学的に優位な方法は、カジノへいくことでなく、カジノを経営すること。
ロトを買うことで7627、ロトを売ること。

夏休みの日記では、まず、宝くじで惨敗したので、一つ、儲からない仕組みを体験しました。

目に見えるものが、正しいとは限らないのは、錯覚の絵を出さずとも分かる。
しかし、それが、話、となると、急にぼやけるのも、この世界。

明日上がる確定した株はあるが、それを選べる確率は、期待値以下。

つづく・・・
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

コメント

コメントの投稿

Secret

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。