株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

日経平均先物はナスダックに連動するので、ナスダックが何に連動するか? 記事No.8743

2018-06-24-Sun  21:23:24

今までは日経225先物は、ナスダックに連動して動いていた。
もちろん、NYダウにも連動するが、ナスダック優先であった。
それは、日経平均の動きの中心が、ナスダック系の企業になっていたからで、より重厚長大なTOPIX型より
軽く動く企業の株価に、日経平均自身が動かされていた、(影響されていた)ことに起因する。

しかし、最近を調べてみるとこうだ。

stocksinfo_2018-6-24_21-10-56_No-00.jpg

COJP:ドル円に連動する率
CODJI:NYダウに連動する率
CONAS:ナスダックに連動する率

これを見るともちろん、ドル円全てなのだが、80%なので、ナスダックが一人上にいっても、日経平均がついて行かない状況であった形を見せている。

その分、NYダウの連動率が高くなった。

となると、今後は、単純にNYダウがどうなるか、にかかってくる。

そのNYダウは

NYダウ 週足
stocksinfo_2018-6-24_20-41-14_No-00.jpg

週足で、何を目指すか、今週みておきたい。
下値抵抗ポイントは、モンタナバンドの下値抵抗ポイント23919ドル。

注視したい。

さて、前回のトライアルをやって皆さんからのコメントは


日経225先物 実践・仮想通貨は、ドラゴンボールかの巻3
http://kabublog.jp/blog-entry-8734.html

コメント
今回のLINE公開トレードは証拠金いくらの想定でしょうか? 2018/06/20 Wed. 08:17

Re: タイトルなし
> 今回のLINE公開トレードは証拠金いくらの想定でしょうか?
毎回違いますが5枚まての場合1000万円
1枚だけの場合200万円程度です。
OPが含まれる場合は枚数が増えても証拠金は先物の枚数に依存します。


さて。LINE版では


それは
泣いている時間より
笑っている時間の方がいいに決まっている。
しかしすべての事には時がある。

天が下のすべて事には季節があり、すべてのわざには時がある。
生まるるに時があり、死ぬるに時があり、
植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、
殺すに時があり、いやすに時があり、
こわすに時があり、建てるに時があり、
泣くに時があり、笑うに時があり、
悲しむに時があり、踊るに時があり、
石を投げるに時があり、石を集めるに時があり、
抱くに時があり、抱くことをやめるに時があり、
捜すに時があり、失うに時があり、
保つに時があり、捨てるに時があり、
裂くに時があり、縫うに時があり、
黙るに時があり、語るに時があり、
愛するに時があり、憎むに時があり、
戦うに時があり、和らぐに時がある。


そして取るべき時にも
その時がある。

チャンスも同じ。
天が振り向くのは一瞬。


とお話ししています。
LINE版も面白い。
https://line.me/R/ti/p/%40billiontouch


応援クリックもよろしく お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: 0
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ 株ブログ 日経平均先物 ナスダック NYダウチャート 投資情報

コメント

コメントの投稿

Secret

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。