株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

「相場は絶望の中で生まれ懐疑とともに育ち楽観のうちに終わる」 NYダウ、株式情報 記事No.8712

2018-06-09-Sat  14:58:04

相場格言の中でもっとも優れたものは、

「相場は絶望の中で生まれ懐疑とともに育ち楽観のうちに終わる」

英語ばかり話すみなさんに原文でおくるとするならば、
「Bull markets are born on pessimism, grow on skepticism, mature on optimism and die on euphoria.」

訳はこの日本語訳が、スッキリしていていいと思う。
だれも、相場が生まれる時、弱気相場と思わないので、
強気相場は、悲観の中で生まれ、なんで訳したら

『プレバト』の俳句・夏井いつき先生の毒舌に会う。

相場は絶望の中で生まれて だけでいいの!って言われる。

やはり、日本語では、
「相場は絶望の中で生まれ懐疑とともに育ち楽観のうちに終わる」
となる。

さて、では、今のNYダウは

NYダウ 月足
東京総合研究所株式情報2018-6-9_14-15-45_No-00

これが、生まれるところか、成熟して楽観にはいったところからは、明らかである。

ただ、その余韻がいつまで続くかだけであるが、すでに、最高の3倍もの借金と、やってはいけない減税20%を実現したアメリカが今後食べて行くためには、

他国から、巻き上げる、 しかない。

G7で冒頭にトランプが述べたことは、
「アメリカは貿易赤字で苦しんでいる」だ。

さて、残りの道になにがあるかは、相場が知っているが、今の位置を確かめると
まず、市場最高の借金で、史上最高値のマーケット

テクニカル分析では月足ベースで引値でシグマ2以上を取ったのは
東京総合研究所株式情報2018-6-9_12-55-25_No-00
今年の1月以前では

2007年のリーマンの前年の時までない。
東京総合研究所株式情報2018-6-9_12-54-50_No-00

それ以前は、近いレベルまで行ったのは
1987年ブラックマンデー
東京総合研究所株式情報2018-6-9_12-53-9_No-00

1929年大恐慌
東京総合研究所株式情報2018-6-9_12-54-3_No-00

と歴史的だ。
1929年は、鉄道が産業として動き始めた時期であり、経済としては、夢の環境だ。

mature on optimism and die on euphoria.

スポックは、これらの言葉に似たものをTVシリーズ スタートレックの中で言っている。
バルカン星人の秘密

婚約者争いになって、相手と戦わなければならなかった時、その婚約者を奪うために
死闘をスポックに挑んだ、その恋人に

「手に入ってしまえば、思ったほどではなにものだ、欲望とはそう言うものだ」

と深いこと言っているが、この相場格言とリンクしているところが、また素晴らしい。

天井を付ける、ということは、理想を買い切る、ということだ。
戦争である間は、なんとかなる。
理想ではないから。

しかし、平和が訪れたとたん、市場は、次のシグナルを出すはずだ。

理想の環境は、トレンドを作れないものだ。

いま、我々がどこにいるかを、未来のスポックに聞けないので過去の格言に尋ねているところだ。

日経平均先物もNYダウもすべて連動していく。
そのきっかけは、ドル、かも知れない。
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ 株ブログ 日経平均先物 NYダウチャート

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。