株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

儲ける方法2018無料登録はメール版はここ


【儲ける方法LINE版↓】
株・先物から仮想通貨まで徹底的な儲ける方法を狙います。
新しいヒント、方法、可能性、をLINEでお楽しみください。
登録追加↓
株式情報ビリオンタッチ

→この株ブログ初めての方はここ(特徴・読み方・難易度)←

→ 【テクニカル分析大全】リニューアル開始 ここ←

ティーブレイク ホンモノはどれだ。 記事No.8611

2018-03-12-Mon  00:30:19

世の中、ぱっと見ではどれがホンモノか見極めるのは極めて難しい。

この問いはこの後の続く連載、「新儲ける方法2018」に繫がる問いになる。

今、ここに4枚の写真がある。

2枚は、最新Galaxyの2世代前、S6 で撮られていて
2枚は、Canonのフラッグシップ 1DXmk2 だ。

東京総合研究所株式情報_2018-3-12_0-3-7_No-00

そう、ぱっと見でも、よく分からないはずだ。

なぜなら、この画面の大きさで判断できるのは色だけだからだ。

では、当たったか?

正解は次の記事に。

もっとも当たらないのは、この画面が小さいからだ。

つまり、もっとも、判定がむずかしいのは、

短期で、当たり外れを、述べても、それが、長期の資産形成のヒントには、決してならない、ということだ。

新儲ける方法で派、重複するが、以前と同じ話を、より明確に書いていく。
そこから、新しいヒントと、知るべき基準を、得られれば、皆さんの相当の役に立つと思われる。

家電店に行けば、ミラーレスともなると、様々なメーカーを奨められるかもしれない。
しかし、それが、カメラである以上
Canon と Nikon しか、選択肢はない。
たとえ、小さなカメラであったとしても。

真実は、時に隠されるし、それを阻害するように、世の中の仕組みはできている。

関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ←最新情報はここ。