株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



いま、世界は一つ、だから全てを知らないと、なにも分からなくなる。ビットコイン。 記事No.8557

2018-02-02-Fri  12:36:38

連載で言っていたのは、物事を論理的に考える、という習慣を身につけることが必要だ
ということ。
それは何かあるごとに身に染みて変わってくるはずだ。

その中で、
「負けた理由こそ大切である」
というものがある。

左団扇で、人生が送れる訳はない。
それは論理的に考えれば、一瞬、宝くじがあたったことと同じだ。
だが、次は当たらない。
当たった理由が、カジノかロトだと分かれば、引退するが、
それが実力だと認識してしまえば、なくなるまで行う。
「負けた理由こそ大切である」

それで、ビットコインがなぜ儲かって、なぜ儲からないのかは分からないといけない。
もうすぐ、ビットコインは買い転換するはずだが、
テクニカル分析チャートによれは売り転換したのは、170万円台だ。

東京総合研究所株式情報_2018-2-2_12-11-9_No-00

まだ売り転換だ。

さて、もう一つ、現代は、昔と違って、それぞれが独立していない。
NYと日本の市場くらいが連動していた時代と違って、

今は、通貨も、商品も、すべて連動して、24時間で動いているだけでなく
仮想通貨というバーチャルな世界も実世界へ影響を与えるようになった。

これは、虚数なんて、実数ではないのものが、実は電子回路の設計に必要なことと同じで
バーチャルは実世界にも影響を及ぼす。

そして、今日はこのビットコイン80万円台で市場は大きくぶれている。
救う方法は、
日銀が、ドル高になるように、国債を再び買い入れることだ。
ドル高しか救えない。

そもそも、この手の話は、昔は、香港指数だったし、それからユーロ円だったし、
ドルはいつも、NYダウはいつも、だったが、ここに、バブルとなった、仮想通貨まで顔をだしてきた。

弊社がすべて見ているのは、一面で世界が解析出来る時代でなくなっているからであり、
ここまで真剣に市場を解析しているところもないと考えている。

以下は、ドル円とビットコインの5分足、連動していることが分かる。
東京総合研究所株式情報_2018-2-2_11-55-28_No-00

今、冬だが、明日も冬だ。
しかし、我々はだからといって、夏物を捨てない。
なぜなら、夏は再びくることを知っているからだ。
それは経験が、論理がそうさせるのだが、
目先を見ていれば、
何が正しいか、ここからセーターを買い込んだらいいのか、わからないくなるはずだ。

ここから、通貨を買うか、どうするか、
すべて知っているところに相談するのが、一番だと考える。

通貨、節税、個別株、先物、
どれがいいか、どうしたらいいか、
バブル崩壊前から、デリバティブポジションを経験している弊社なら

なにが同じか分かる。

今、ドルのFX手数料は0.03%だ。
銀行ならまた1%以上する。
でも昔は、手数料はもっともっと高かった。
だからFX業者は儲かった。

それで考えた。
仮想通かなら、通貨でないから5%の手数料という不動産業者の手数料より高く取れると。
しかし、このビジネスモデルはつづかないはずだ。

FXでも続かなかった、し5%の手数料は今の世界、どこにも存在しない。
バブルの対面の野村証券の手数料でさえ、
悪者商品先物営業でさえ、この%はなかったからだ。

でも、素人は分からない。
みんなは、同じ手口で、何十年も騙されていくのだ。

マルチ商法を使った営業で、FXで騙せた市場操作の方法を使って。

最新の技術かもしれないが、ジビネスモデルは往年のものだ。

目先を狙えばそうなる。

なぜ、資本主義が根本とする、株式の良い銘柄を良いタイミングで買わないのだろう。
それが王道であり、それが一番だ。

なお、この人生の運まで視野にいれて、
儲ける方法は連載される。

行いを正し、統計に従い、努力をする。

めんどくさいが、しないと、最終結果はついては来ない。

では、個別株でいきましょう。

今日は、珠玉銘柄、利食いました。
乗り換えです。

お問い合わせ
メール:http://www.888.co.jp/mail.html
ライブチャット:http://www.888.co.jp/support.html


関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ←最新情報はここ。