株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

意を決して。2018年型相場。 記事No.8520

2018-01-06-Sat  13:33:04

NYダウはさらに220ドル上げ、ナスダックとともに週足での上昇波動に再度乗った。

ビットコインも先物で
東京総合研究所株式情報_2018-1-6_12-40-31_No-00

年末12,000ドル近くまで下げた後、
東京総合研究所株式情報_2018-1-6_12-40-31_No-00

現在も行われている、現物では、18,000ドル以上まで戻した。

今年は、昨年の60年振りの相場の意味を知る時だ。

昨年、60年で初めての相場に、過去の経験則を与えるべきでないとし、
目を覚ますべきだ、とした。

さて。すでにご報告したとおり、
今年は、大晦日20時から成田山に、意を決して、皆さんに巨万の富が転がり込むようにお祈りしてきました。
東京総合研究所株式情報_2018-1-6_12-49-38_No-00

わずかな、おさい銭を上げて、1年無事で済むなんて、虫の良いことは望まず、
0度で凍えるなか、待ってこその、初詣と考えたからです。

そして、覚えておくべき事は、
寒さに耐えて、初詣に行ったから、って、ご利益があると、期待しても行けない、ということです。
相場は、私が、寒さに耐えたこととは、関係無く、進むのです。

お初腕にいっても、荒行をしても、相場は何もくれないかも知れません。
覚えておくことは、
それでも、相場のせいに、しない、ということです。
お祈りに、見返りが発生するのなら、それは、捧げたことにはなりません。

ただ、するだけの事をした方が、左うちわで、儲かったときに、少しだけ安心します。
何もしないで、儲かったなら、その見返りがきます。

さて、宗教の話ではなく、心の話です。
いつも、相場のせいや、誰かのせいに、している限り、相場から選ばれるはずもありません。

吐いたツバは、全部自分に戻ってきます。
今年は、そういう意味でも、まず、自分で意を決することが必要でしょう。

60年振りの相場に、最後までついていく、ということです。
それは、永遠に上がるという意味ではなく、相場についていくという意味です。

今後、さらに更新する、TOPIX15連騰とか、急落があったとしても、
相場の方向について行く、ということです。

どこまで行くか、何が起こるかではなく、与えられている条件で、粛々とトレードをする、ということです。

いま、相場は、大型株の一部に資金を入れてきした。
三菱UFJ(8306)も野村ホールディングス(8604)もJEFHD(5411)もあらかじめここでお話ししています。

そして、これらが一巡すれば、さらに軽い銘柄が一気に高値を取ってきます。

銘柄に文句を言うのではなく、銘柄を信じ、待つ。
それだけです。

先物も、粛々とやるだけです。
年末からの値幅は、数ヶ月間の持ち合い分を一気に取り返してきました。

やっていれば、の話です。
やっていなければ、それは、何も信じていない、ということです。

システムでは12/25に売り、12/27にドテン買い、となっていることが分かります。
今はどうなっているから、会員の方だけです。
東京総合研究所株式情報_2018-1-6_13-20-0_No-00

このモンタナシステムは、2007/1から4枚で11,580万円を記録していますが
それでも相場が乱れれば、200-300万のドローダウンはでます。
ただ、同じやり方なら、高値を更新します。

問題は、ドローダウンを許せずに、方法を変える、ということです。
どれだけの、宝を捨てているのか分かりませんが、ドローダウンのピークで方法を変えることは
宝物を、ただ同然で捨てることと同じです。

運の量は限られていますので、
悪いトレードが続けば、いいトレードへの、宝が溜まっている場合が多いです。

そう考えられれば、乗り越えられますが、
相場に文句をいえば、それまでです。

今年は、昨年の、序章の次の年です。
ビットコイン元年の次の年です。

先物で、ヘッジしながら、利益倍増の銘柄に投資する事は、まず、

論理的背景を統計学に委ねる。
自分の感覚で判断しない。
諦めない。

そして、意を決するです。

ことしの 判断が 巨万の富を築けますように。
ビットコイン長者に追いつきますように、お祈りしております。

応援もよろしく御願いします。↓


なお、メールではすぐお応えしております。
ご質問はどうぞ。
http://www.888.co.jp/mail.html

お申し込み
http://www.888.co.jp/contract.html



関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。