株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

儲ける方法の第5章で 記事No.8519

2018-01-05-Fri  14:18:19

習慣としなければならないことの第5番目に、

「諦めないこと」とあります。

昔、昔、まだ今のような、デジタルでない、パチンコ屋に行っていた頃(流れる曲は決まって軍艦マーチだった)
店のアナウンスはいつもこうだった。

「じゃんじゃんばりばり、じゃんじゃんばりばり」
「どなた様も、ねばってねばって 最後まで」

だった。
ある意味その通り。

もし、自分の台が狙ったとおり、回収台(いくら入れてもでないお店として資金を回収する台)でない限り、
それは粘りが勝負だった。

自分が変わって、おばあちゃんが座ったとたん出る。
それは今も同じ、
台を諦めて、500回も回した後に、となりに変わったとたんに、777。
良くある、あるあるだ。

相場は、パチンコと違う。
回収率が全く違うから。
しかし、粘らなければならないことは、同じく、確かだ。

去年の、ビットコイン。
ほとんど、30万円から20万円へ落ちた時点で、飽めたはず。
それは、数ヶ月で220万まで行った。

システムも同じ。
ドローダウンを、耐えられないと、やめたとたん、逆転が始まる。

3000円の銘柄をずっとまって、2000円の時も我慢して、3100円になってやっと売った。
それから、糸が切れたたこのように上がる。

そんなものだ。
チャート的には
それは、それだけの、やれやれ売り、をこなす足跡を見せる。

壁があるということは、それを破れば、それだけのことがある、ということだ。

ただ、今回は、それ以上に、仕掛けられている。
壁で売り込んだ、売り方に買い戻す余裕を与えないはずだ。

それは、底値なら、リバーサルアイランドとして残るし、上は、ブレークアウト、として窓を空ける。

ともかく、売り方が、諦めるまで上がる。

その相場を取っていくためには、準備が必要だ。

三菱UFJ(8306)もニプロ(8086)もJEFHD(5411)もここでお伝えした。
それより、なりにより、仮想通貨から流れる最後の資金は、ここから大きく動くこともお話しした。

その上で、持ってもらっているはず。

道は一日で成らない。
情報だけ取って、さあ、買っても、待ちきれない。
ここからなのに。

そんなことのないように、株式コースはできている。

まだ銘柄残っています。

半分くらい動意付き
半分くらい押し目を作りました。

今、上がっているのは、今年の主力大型株、
そのために、今、買い場になっている2倍になる銘柄。

タイミングが全てです。

本当にお早めに。
株式情報_2018-1-5_14-11-15_No-00

お申し込みは↓
http://www.888.co.jp/contract.html

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。