株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

新年のご挨拶と新年の銘柄。 記事No.8515

2018-01-04-Thu  07:27:06

明けましておめでとうございます。

本年は飛躍の年とすべく大晦日20時から成田山に出かけ、
まず、このブログ読者の皆様の、ご健康と、巨万の富が入るよう、お祈りしてきましたので
しっかり読んで頂ければ、そうなると考えています。

東京総合研究所株式情報_2018-1-4_6-57-54_No-00

本年もよろしくお願い申し上げます。

さて。
今年も同じことも、繰り返して言います。
相場のこころです。
儲ける方法でもお話ししているように、大切なのは、
皆さんの気持ちでなくて、相場のこころです。

新年は2日早く海外市場があきましたが、昨年から、お正月用に良い銘柄でポジションを固めた方には
お年玉がでそうです。

それらは、年末はとりあえず、ポジションを切ってしまった投資家には与えられません。
かといって、高い所も買えません。
このギャップのお年玉は、黙って相場に従った投資家だけに与えられるものです。

ポジションを切って連続性を閉じるのは簡単ですが、そこで逃した利益は、
損切りした損益と同じです。

利益の取り損ないを補うためには、統計以外の無理をしなければなりません。

さて、移動平均は昨年上を向いたままでしたので、掉尾の一振がなかった分と、
年末の換金の売りの分を年始から取り返してきます。
とくに仮想通貨も、年末の31日の終わりまで下げていましたが、年始から、再び戻してきています。
これら換金は、投資家の都合であり、相場とは関係のないものです。

年末日経平均週足
東京総合研究所株式情報_2018-1-4_7-21-58_No-00

また日足では年末の調整で、過熱はなくなっていますので相当上げても、過熱ゾーンに入らない状態です。


さて、また、本年の初め、今日の日に活躍した銘柄は1年を通して注目すべき銘柄となります。

ここでは、昨年からの注目、三菱UFJ(8306)をあげておきます。

またお正月用に、年末にお伝えしたニプロ(8086)、
さらに本日は、特別に東洋炭素(5310)をここではあげておきます。

この他、換金売りに押された一発高期待銘柄も一気にきます。

寄り後くらいまでなら間にありますので、お年玉が欲しい方はお申し込みください。
http://www.888.co.jp/apply-com1224.html

では、今年もどうぞよろしくお願いします。
358位まで順位が落ちました。クリックすると順位が上がりますので、よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

とにかく、今日何が、活躍するか、一年の計は元旦にあり、ということで見ていきましょう。
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。