株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

NY市場の急変動と、一発銘柄紹介サービス 記事No.8460

2017-12-03-Sun  13:33:27

NY市場は、ザラ場、急変動に見舞われた。

またまた、ロシア疑惑であった。
その後、減税案が進展するとの期待から、戻した。

週明けは、この綱引きとなる。

まず、チャートを見てみよう。

引けだけ見ると日足では

NYダウは
東京総合研究所株式情報_2017-12-3_12-32-19_No-00

すでに行き過ぎていたので、売られた時点で、モンタナの下値抵抗ポイントを試し、そして戻した。
これで過熱感が取れた。
一方、
週足では

東京総合研究所株式情報_2017-12-3_12-33-2_No-00

目一杯の上昇となったが、レンジ自体が上をむいているため、正常範囲となってくる。

しかしザラバでは
黄色:ドル円 ピンク:NYダウ 青:ナスダック 5分足
東京総合研究所株式情報_2017-12-3_12-30-22_No-00

とNYダウで高値から400ドル一気に下落、
ナスダックで140ポイントともの下落となって、ひさしぶるにこのニュースの大きさが分かった。

しかし、週末に、上院でも減税案が可決され、さらに海外子会社への配当課税撤廃の法案がとおったことから
資金が、米国に再び戻ってくる、という大きな材料もでてきた。

もちろん、日本市場は、日銀におんぶしている形だから、同じように、政府の対策をきたいするのだが、これはまだ
ニュースとなっていない。

まずは、NYが堅調でドルが落ち着くことが掉尾の一振に繫がるが、金曜から、減税ニュースが好転したことが
材料となりそうだ。

さて、金曜日に、東京市場が気迷って、23000円を捕らえられなかったのは、この減税案が進むかどうか、
週末に分かる予定であったからだ。

もし、東京市場に、この先、買い物が入るなら、この法案への懸念がバネとなり、上値抵抗ポイントを取ってくる意味が明確になる。

そこで、
今日は特別に、いつも、返金サービスで株式コースをやってみたいと思っているが、一つだけまず、銘柄をやってみたい、
という方、資金の少なめな方に、特別な形で銘柄を提供します。

一発高期待銘柄紹介サービス

返金サービスで紹介する銘柄を、一回だけ紹介します。
それも5万円だけです。
成功報酬なし、5万円で年末まで良い思いをしてください。
ただし、返金保証ありません。

返金保証は、この銘柄が、10%上がらない場合に年会費が返金されるコースがあります。

年末はこの二つ。

返金はないが、5万円で、珠玉の一発高期待銘柄サービス5万円



返金保証あり、の年会費30万円コース(この場合は3銘柄まででます)

のどちらかを選んでください。
ともに、高値圏ではなく、押しが完了した銘柄です。

実力は先週の、無料公開銘柄 LIFULL(2120)
ここでのリアル公開時 852円 今943円 で
タイミングの正確さ、は感じていただけたと思います。

日足 LIFULL(2120)
東京総合研究所株式情報_2017-12-3_12-55-45_No-00

成功報酬なし、5万円で次の絶好のタイミング銘柄、乗って下さい。
おすすめは、もちろん返金保証ですが、資金が少ない方に、特別公開します。

月曜日の寄りがチャンスです。
寄りなら、一気に買い物がはいってきません。

ともに以下からどうぞ。
http://www.888.co.jp/apply-com1115.html






関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。