株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記・投資相談


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
人気株ブログランキング最新情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ

儲ける方法2018無料登録はメール版はここ


【儲ける方法LINE版↓】
株・先物から仮想通貨まで徹底的な儲ける方法を狙います。
新しいヒント、方法、可能性、をLINEでお楽しみください。
登録追加↓
株式情報ビリオンタッチ

実配信の実績はこちら

→この株ブログ初めての方はここ(特徴・読み方・難易度)←
→ 【テクニカル分析大全】リニューアル開始 ここ←
→ 投資情報は25年の伝統投資顧問・東京総合研究所←

儲ける方法2018-16 【7つの習慣-投資編6】 習慣4 記事No.8398

2017-11-13-Mon  22:08:24

習慣4は、錯覚に迷わない であるが、

前回のチャートはまさにその良い例となる。

東京総合研究所株式情報_2017-11-12_20-47-23_No-00

ちょうど今のように行き過ぎまであげ、そして、転換するところだ。
これは今のチャートではなく、練習用のチャートだ。
タイミングは酷似している。

移動平均の短期線が、長期線を上から下にクロスするデッドクロスだ。
では、これは売りなのだろうか?

前回の質問
では、下がる確率は何%でしょう?

の答えは
50%

なぜなら、このチャートは、PCがランダムで、全くの50%の確率で、上下を決めるランダムな線の結果だからだ。

下がするとすれば、それは、たまたま、下げのサイコロがでたということ。
あげても、たまたま、上げのサイコロがでただけだ。

そこに、投資家の意志とか、テクニカル分析などはない。

しかし、問題は、これがホンモノにみえることだ。
つまり、我々は、偽物と本物を区別をチャート上でつけることができないのだ。

それはこういう意味だ。
ホンモノのチャートも、偽物と同じく、いつも、その報告に行く確率は50%にしか過ぎない、
ということだ。

この章は、テクニカル分析が意味がない、といっている訳ではない。
ただ、目に見えるものは、錯覚と同じく
そうとうに騙しがある。

それを知っていなければならないのだ。

もっとこの結果を見てみよう。
次のチャートは、PCが作った、偶然に過ぎない・

つづく・・・・・

応援お願いします。




関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ