株式投資ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記・投資相談


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

儲ける方法2018-14 【7つの習慣-投資編4】 習慣Ⅱ 記事No.8367

2017-11-07-Tue  16:46:09

【7つの習慣-投資編】 習慣Ⅰ は
すべてを習慣化する。

ということだった。
この60年振りの相場を見ている人は、過去を忘れて、という言葉が届かなかったかも知れないが、
これも何かにとらわれてしまっているからだ。
うまく行かなかったこととか 過去のしがらみが大きい時などは
頭で、行こう!!と考えても、心が止める。
本当は、心が動いても頭が止めるものだが、
実際は、心が投資家を支配しているのだ。

さて、そのⅡは

◆すべて論理的に考える◆
だ。これも習慣化する。

例えば、簡単な難しい例が、竹内まりあの話なら、
簡単な話は、こうだ。

毎日、ボクシングの練習を2時間もしていれば村田に勝てる??
これは分かる。
無理でしょう。

1:プロに預ければ、投資で儲かる?
2:プロが戦えば、ボクシングは勝てる?

1と2の答えは同じ。
ただ、2の方が、相手を意識しているので、実感できる。

市場は、あなたの10倍勉強しています。

そんなプロ相手に勝てますか?

プロに預けても、プロ同士の戦いになります。

そんな勝負で常勝できますか?

これが論理的な話だ。
さらに本当に論理的なのは、この先。


プロ同士が買いと売りを出して、引き分けになる。

よって素人が不利とは言えない。

なぜなら、今日の価格は、プロが売った価格と、プロが買った価格で釣り合っているのだから。

ようするに、上げる確率と、下げる確率が、同じであることをまず、認識することが、論理といえる。
上がるのなら、すでに上がっているからだ。

これらの論理的な思考の上にしか投資戦略は建てられない。

しかし、今なお、ジャンケン大会になっている市場で、10連勝が可能だと言い張る人もいる。

次の論理例は、こうです。

本当に儲かる話は

競馬なら、教えない

なぜなら、配当が下がるから
(独り占めが一番)

投資なら、で教えるが、配当ももらうはず

つまり、儲かるなら、成功報酬制を取るということ

優秀なファンドマネージャーなら、自分のファンドか、成功報酬で行う。

もし、自信がないなら、教える。

30万円のトレードシステムは、30万円しか稼げないのが、通例だ。

さらに細かい論理で面白いのはこうだ。

では次に、面白いお話し。

「いやね、取引所の近くに、サーバーをおいてね、瞬速で取引できるんだって」
「だから、ナノ取引で、儲かるみたい」
「でも、限られた投資家だけみたいだよ」

この話をよくよく考えるとこうだ・・・・

続きは 次回に・・・
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。