株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



儲ける方法2018-14 【7つの習慣-投資編4】 習慣Ⅱ 記事No.8367

2017-11-07-Tue  16:46:09

【7つの習慣-投資編】 習慣Ⅰ は
すべてを習慣化する。

ということだった。
この60年振りの相場を見ている人は、過去を忘れて、という言葉が届かなかったかも知れないが、
これも何かにとらわれてしまっているからだ。
うまく行かなかったこととか 過去のしがらみが大きい時などは
頭で、行こう!!と考えても、心が止める。
本当は、心が動いても頭が止めるものだが、
実際は、心が投資家を支配しているのだ。

さて、そのⅡは

◆すべて論理的に考える◆
だ。これも習慣化する。

例えば、簡単な難しい例が、竹内まりあの話なら、
簡単な話は、こうだ。

毎日、ボクシングの練習を2時間もしていれば村田に勝てる??
これは分かる。
無理でしょう。

1:プロに預ければ、投資で儲かる?
2:プロが戦えば、ボクシングは勝てる?

1と2の答えは同じ。
ただ、2の方が、相手を意識しているので、実感できる。

市場は、あなたの10倍勉強しています。

そんなプロ相手に勝てますか?

プロに預けても、プロ同士の戦いになります。

そんな勝負で常勝できますか?

これが論理的な話だ。
さらに本当に論理的なのは、この先。


プロ同士が買いと売りを出して、引き分けになる。

よって素人が不利とは言えない。

なぜなら、今日の価格は、プロが売った価格と、プロが買った価格で釣り合っているのだから。

ようするに、上げる確率と、下げる確率が、同じであることをまず、認識することが、論理といえる。
上がるのなら、すでに上がっているからだ。

これらの論理的な思考の上にしか投資戦略は建てられない。

しかし、今なお、ジャンケン大会になっている市場で、10連勝が可能だと言い張る人もいる。

次の論理例は、こうです。

本当に儲かる話は

競馬なら、教えない

なぜなら、配当が下がるから
(独り占めが一番)

投資なら、で教えるが、配当ももらうはず

つまり、儲かるなら、成功報酬制を取るということ

優秀なファンドマネージャーなら、自分のファンドか、成功報酬で行う。

もし、自信がないなら、教える。

30万円のトレードシステムは、30万円しか稼げないのが、通例だ。

さらに細かい論理で面白いのはこうだ。

では次に、面白いお話し。

「いやね、取引所の近くに、サーバーをおいてね、瞬速で取引できるんだって」
「だから、ナノ取引で、儲かるみたい」
「でも、限られた投資家だけみたいだよ」

この話をよくよく考えるとこうだ・・・・

続きは 次回に・・・
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ