株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報


最新先物オプション情報は→→ 株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


僕たちの検証2 MACDの話、神のテクニカル分析 記事No.8272

2017-09-14-Thu  15:52:19

昔、まだwindowsが普及していない時代から、マイコンって感じのプログラムで相場解析を行っていた。

Pcが普及して、バックテストは非常になくになったが、まだ、それらをワープロに使っても金融に使っているケースは
すくなく、その意味では、アドバンテージがあった。

私がやっていたのはそういう時代からだ。
だから、よく分かる。
何が、本当で、何が嘘か、
何が、希望で、何がまぐれか?

それらを棲み分けさせない限り、テクニカル投資に、明日はない。

だっせんするが、まず、世の中は、数学でできている、っていうことを申し上げておきたい。

よって、テクニカル分析を語るときに、霊感、とか、大局観がいらない。
それは、邪魔になる。
また、数学でできている限り、ものの、考え方が重要になる。

いつも言っている、負け方こそが問題だ、というのはそいういう意味だ。

FXで負けるのと、ビットコインで負けるのと、先物で負けるのは違う。

FXは、胴元がいるし、ビットコインは、八百長だし、それらで負けても、取り返せることはない。
ではなぜ、それでもやるか、っていえば、

一時的に儲かるからだ。

今ビットコインの取引が停止さえて、振り込んだ資金が戻らなくても、だれも何もいえない。
ビットコインは、美術商の世界の話で、好きな値段がついているだけだ。
また FXは勝手にロスカットを行って行くので、これは胴元が悪すぎる。

だから、この二つのカテゴリで勝ったとしても、それは、投資でなく、運だ。

運と技術を切り分けてこそ、はじめて、投資なのだ。

さて、話をタイトルに戻すと、

テクニカル分析をかじり始めて、非常に有効なツールに突き当たった。

それがMACDだ。
ベテラン連中は、日銀だ、野村だ、って言っているが、このMACDさえあれば、すべてOK、天下が取れる。

まさに、神ツールなのだ。
その成果を日経平均でお見せしよう。

1986-1997年まで
東京総合研究所株式情報2017-9-14_15-43-50_No-00

使ったのは、MACDの週足、13,26,8 というパラメーターだけ。
ロスカットも、プロフィット=利食い もなし。

このシグナル通りにポジションをとるだけ。

11年間で、ほとんどドローなし。
1単位、で稼いだ値幅は、25000円に達する。
これ以上の何があろうか、って感じ。

しかし、世の中は、それ程甘くない。
次の10年が訪れた。・・・・

つづく・・・・・ 僕たちの検証3 MACDの話、敗北する神のテクニカル分析

応援もお願いします。

日経225先物ランキング

































関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ