株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



深いい話。相場は真実を語る。3 記事No.8261

2017-09-09-Sat  18:39:46

深いい話。相場は真実を語る。1
限定記事・深いい話。相場は真実を語る。2
(限定記事は閲覧にpassがいります。)

今、市場は、ほとんどの悪材料を取り入れない。
とくに米国市場はそうだ。

では、リーマンの時、ブラックマンデーの時、はたまた1929年の大恐慌の時はどうだったのか?

大恐慌の時は、鉄道が、これからの夢の産業として買われていたし、
日本のバブルピークの時は、ベルリンの壁が崩壊し、市場は安堵に包まれたのだ。

前回、相場は真実を語らないとした。
相場が必要なのは、相場自身がもつ真実だけであり、
それはもちろん、やがて真の真実と連携するが、それには、タイムラグがある。

リーマンの時は、すでに2007年に問題は浮き出ていたが、10ヶ月に渡って市場はこれを否定した。
なぜなら、報道が、操作されていたからだ。

では、今回のもつ本当の問題とはなんだろうか?
それには、相場が、なぜ成り立っているのかを考えなければならない。

チャートからは、本当にアジアで戦争が起こるとは思っていないと読める。
しかし、チャートは、すでに何かある前の状況を形で示してきた。
これはタイムラグで稼がれているかもしれない。

米国は、債務残高の上限を3ヶ月延長して、デフォルトを回避した。
これは、日本が20年も前に年金は破綻していると言われて、持っていることと同じで
資金はある意味では、永遠にある。

だからバランスシート上で資金はなくならない。
ビットコインが50万円でも平気なのだ。

ではどこが問題なのか?

つづく・・・・・

応援をお願いします。現在10位。↓


先物・オプションランキング

前回の記事をまだ読んでいない方は以下からどうぞ。

深いい話。相場は真実を語る。1
限定記事・深いい話。相場は真実を語る。2
(限定記事は閲覧にpassがいります。)
からどうぞ。
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ