株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報


最新先物オプション情報は→→ 株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


今日の夜、いよいよ、ナスダックも方向を尋ねられる。東京は限定記事通り。 記事No.8211

2017-08-24-Thu  17:14:14

さて、よくよく、確かめておいてください。

限定記事・NYダウ危険地帯か?今日の日経平均先物の危険レンジは?
↑記事passがいるので
◇◇ 人気ブログランキングへ ◇◇ ←をクリックして
このブログの紹介文にある、記事passを入れて下さい。

市場は、こんなもので、へこたれていません。
急落でも、押し目と言い続けることでしょう?

バブル後、ネットバブル後、すべてそうでした。

ナンピン、損ピン、スカンピン。

世界株式市場が信じているものは、買うから上がる、というトレンドですが、

その元となる、ものは、金余りの、金融緩和です。

NY市場も、世界市場も、

景気が良くなって、金利が上がる、より、

景気はこのままで、金利が低いままがいい、という選択です。

これは、ニワトリが先か卵が先かという論議ではなく、

卵はいくつまで積み上げられる、と言う問題です。

それが限界に達したら、一個ずつ、外していこうという話です。
ぶれてしまえば、下まで一気に崩れます。

薄氷の未来が、その薄さにきずかないとことが、相場の特徴でもあり、
それでいて、相場の本質が変わらないのも、同じです。

だれでも、いつかはピークとなると知りながら、今日も上げる仮想通貨と同じです。

テクニカル分析チャートだけが、その警告を発してくれます。

試しに、皆さんの意見を聞いて見ましょう。






関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ