株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

ここで考えるべき、テクニカルポイント、下げすぎは信じられるのか? ナスダックとNYダウ短期調整か。 記事No.8202

2017-08-19-Sat  18:48:05

ビットコインを初めとして、ここまで作られた相場で、投資家は、下がるという意味を忘れてしまった。

またテクニカル分析も、何もかもが、フェアーにできていることを忘れてしまった。

例えば、簡単にいれば、(ただし、すこしの知識を必要とするが)
ビットコインで一番確実な、移動平均線は、期間がいくつのものか?という質問に対して、
またNYダウはいくつの移動平均線が一番であるか、という質問にたいして答えは実は、こうだ。

いくらでもいい。
ただし、条件が一つある。
プログラムから、売りの数量を0につる。
これだかけだ。

NYダウにテクニカル分析はいらない。
買えばいいだけ、なので。
ビットコインもそうだ。
買えばいいだけ、なので。

これは、ものごとを そうとうに 不均衡に導く。

1989年の日本のバブルでは、もちろん、株のTVゲームが流行ったが、一番流行った原因は

なにをしても、勝つ、からだ。
その反動が、25年以上のデフレだった。

一方、金も、原油も、頂点をつけるまでは、
移動平均で、買うだけ。
いとも簡単だ。

世の中は、実は、フェアーにできていて、通用した、シグナルが全く聞かなくなることを
投資家は、約2年間で忘れてしまう。

さて、ということで、押し目で買えば何とかなった相場、だけを記憶した投資家が多くなった。

一方、テクニカル分析の真実を経験で知っている我々は、ベテラン、専門家ほど、このインチキな流れを
感じている。

これは ナスダック日足
東京総合研究所株式情報_2017-8-19_17-17-14_No-00

ブルーの下限、まで下がって反発した。

これは木曜日時点での日経平均先物 とそのシステムのポジション
東京総合研究所株式情報_2017-8-19_17-17-54_No-00
(木曜日には売りシグナル)

これらを見ながら、金曜日朝のWeb動画をみてみると(ダイジェスト版)




では、昨日のNYダウはどんな位置で終了したのでしょう。モンタナで見てみましょう。
ちなみに、いつも出しているNYダウのリーマン時と今のグラフはこうです。
東京総合研究所株式情報_2017-8-19_18-45-45_No-00

モンタナの解析、重要ポイントの話
限定記事・NYダウの問題点

記事passがいるので
■■ 人気ブログランキングへ ■■←をクリックして
このブログの紹介文にある、記事passを入れて下さい。

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。